このページの本文へ

紙文書情報支援ソフトウェア群を「PaperStream」ブランドに

PFU、帳票印刷と帳票認識を一体化した紙文書電子化ソフト

2010年10月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月18日、PFUは、帳票印刷から紙文書電子化まで一連の流れを支援するソフトウェア「ScanConnect」を発表。同日より販売開始する。

帳票印刷から紙文書電子化まで一連の流れを支援するソフトウェア「ScanConnect」

 ScanConnectは、スキャナで読み取った帳票の仕分けやキーワード抽出、キーワードリストの作成を自動化できる帳票認識連携ソフトウェア。 これにより従来帳票の仕分け処理後に発生していた目視確認作業を大幅削減でき紙文書電子化を実現するとしている。

 また、専用ツール「ScanConnectデザイナ」で作成した帳票を使用することで確実な帳票認識ができ、帳票の電子化作業にともなう手間を大幅に削減できるという。

 なお、ScanConnectは作業内容や規模などに応じた3つの製品体系(基本パック、QRパック、OCRパック)と2つのツールを用意。ラインナップと価格は下表の通り。

ScanConnectの製品体系と価格
製品名 内容 価格(税抜)
基本パック 紙文書の電子化、キーワード手入力、外部アプリ呼出し、マーカーOCR/ゾーンOCRによる仕分け及び検索用キーワード自動抽出機能 4万8000円
QRパック 基本パックの機能+QRコード・バーコードによる仕分け及び検索用キーワード自動抽出機能 9万8000円
OCRパック QRパックの機能+OCR機能(チェックボックス認識、活字認識) 14万8000円
帳票出力 帳票印刷ツール 9万8000円
デザイナ 帳票定義とOCR書式定義を一体化した業務帳票を設計するツール 19万8000円

 また、今回のScanConnect発売に併せて、今後同社が展開する紙文書電子化ソフトウェアとサービスの総称を「PaperStream」ブランドとすると発表した。

■関連サイト

カテゴリートップへ

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ