このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

KARAREMICHi iPhone REPORT ― 第3回

30周年を迎えたパックマンの可能性

2010年10月15日 17時00分更新

文● 倉西誠一(@kararemichi

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月11日、東京・銀座の「Apple Store, Ginza」で、「Game Nights at the Apple Store」と題するイベントが開催されました。すでにさんざんTwitterでつぶやかせていただきましたし、Togetterでのまとめも公開していますが、記事にもさせていただきます。まとめてお読みいただくなら記事がいいと思います。ご自分のつぶやきに引用される場合は、Togetterからどうぞ。

 さて、「Game Nights at the Apple Store」。実はこのイベント、11日から17日まで続くシリーズになっていまして、その第1回がバンダイナムコゲームスだったわけです。しかも、この日のイベントにはAppBankの編集長/宮下泰明君も登壇し、バンダイナムコゲームスでiPhoneアプリ全般のマーケティングを担当する山田大輔さんと対談を行なうというプログラムになっていました。これは興味深い。日本で最もiPhoneゲームを見続けているサイトの編集長と、日本で最もストレートに、直球勝負でiPhoneアプリをリリースしている大手ゲームデベロッパーの2人です。実際、メモをまとめ直してみると、なかなか鋭い発言がいくつもあったんですね。会場では、けっこう笑ってばかりだったので、気が付かなかったりしましたがw。

「Game Nights at the Apple Store」第1回はバンダイナムコゲームスで、今年発売30周年を迎えるパックマンを中心に紹介された。またスペシャルゲストとしてAppBankの宮下泰明氏が登場し、バンダイナムコゲームスの山田大輔氏と対談が行なわれた

最初にお断りしておきますが、写真、ひどいです。特に山田さんのお顔がさっぱりまともに写っていません。あらかじめお断りするとともに、お詫びいたします。

 というわけで! そのレポートをお送りいたします。iPhoneゲームに少しでも興味のある方は、ぜひご一読ください。

「Game Nights at the Apple Store」 - バンダイナムコゲームス

山田大輔さん(以下、山田) こんばんは、バンダイナムコゲームスの山田です。この場所(Apple Store, Ginzaのイベントスペース)はいいですね。ここでお話させていただくのは3回目なのですが、ここから、みなさんの様子がよく見えるんです。

 また、今日からこの場所ではじまるGame Nights at the Apple Storeの記念すべき第1回で光栄です。このあと、平日の回もあるんですよね? ぜひ、他の回にも足をお運びください。つぶやかれる方は、ハッシュタグ「#gnights」でお願いします。

 それでは本題に入る前に、自己紹介させてください。バンダイナムコゲームス(マーケティング企画部)の山田大輔と申します。Twitterのアカウントは@yamada_daisukeです。ぜひ、フォローしてください。

バンダイナムコゲームス的

 今日は、これまで2年間でバンダイナムコゲームスがやってきたことと、キラーコンテンツであるパックマンのお話をさせていただこうと思っています。まず、こちらをご覧ください。

バンダイナムコゲームスは、2008年11月から70本以上のアプリをリリースしている

 見たことのあるアイコンがかなりあるのではないかと思います。「のびのびBOY」は、僕がプロデュースさせていただいたタイトルです。こう見ていただいても、今日のテーマでもある「黄色いあんちくしょう」が多いことがおわかりいただけると思います。数えてみたのですが、すでに70本以上のアプリをリリースしていまして、社内資料で見ると、年内に100タイトルに到達するんじゃないかというリリース計画があります。それくらいのアプリを作っているんですね。App Storeのオープンから2年3ヵ月ですから、毎月……ちょっと計算できませんが、すごい数を出しています(註:都合70本だとして、月に2.6本平均)。日本の会社では、これだけリリースしている会社はそうないんじゃないかと思います。まぁ、おもしろおかしくやらせていただいています。

のびのびBOY
作者 ナムコ 価格230円
ファイル容量11.8MB カテゴリエンターテインメント
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1.3以降

 最近リリースされたアプリでは「STAR DRIVER 輝きのタクト」というアニメのアプリ「STAR DRIVER 輝きのタクト 公式アプリ」があります。無料です。このアプリを見ていただければ第1話、第2話の様子はかなりわかると思います。ぜひ、このアプリをチェックしていただいて、来週からアニメもご覧ください。バンダイナムコゲームスは、多くのアニメ、コンテンツの製作委員会に入ったりしています。その点で、こういうアプリが出せるのも、バンダイナムコゲームスの特徴ではないかと考えています。

最近リリースされたアプリ「STAR DRIVER 輝きのタクト 公式アプリ」
STAR DRIVER 輝きのタクト 公式アプリ
作者 バンダイナムコゲームス 価格無料
ファイル容量8.4MB カテゴリエンターテインメント
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1以降

Game Center対応からソーシャルゲームへ

 最近、iOSにGame Centerという機能が追加されたり、iPhoneは、かなりゲームに力が入っていると思います。Game Centerもその1つですが、ソーシャルということに注力されているように見えます。

iOSに追加されたゲーム関連ソーシャル機能「Game Center」

 これ、流行らないかと思っているのですが……。現在は「パックマン」と「ミズ・パックマン」が対応しています。バンダイナムコゲームスでも、iPhone/iPod touchは、ソーシャルゲームとも親和性が高いのではないかと考えていますので、Game Center対応タイトルを増やしていく予定です。具体的には「塊魂モバイル」が近日対応予定で、他にも数本、対応を考えています。

パックマン
作者 ナムコ 価格600円
ファイル容量3.7MB カテゴリゲーム
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1.3以降
ミズ・パックマン
作者 ナムコ 価格600円
ファイル容量4.0MB カテゴリゲーム
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 3.1.3以降
塊魂モバイル
作者 ナムコ 価格600円
ファイル容量84.2MB カテゴリゲーム
対応デバイスiPhone/iPod touch
およびiPad互換
対応OSiOS 2.2.1以降

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp RSS2.0 配信中