このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

週刊 PC&周辺機器レビュー第76回

ビートあふれる大型ノート HP ENVY14 Beats Edition

2010年10月15日 12時00分更新

文● 池田圭一

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
HP ENVY14 Beats Edition

 近年のパソコン業界は、「過剰なレギュレーションが敷かれたモータースポーツ」のようなものだ。プラットフォームが決まっているのだから、性能を追うだけなら横並びになり個性を失ってしまう。しかし、明確なコンセプトを打ち出し、その目標に正しく進化するなら突破口が開く。

 日本HPのノートパソコン「HP ENVY14 Beats Edition」(以下ENVY14)は、まさにソレである。「Beats Audioシグネチャーモデル」を標榜する製品が、何をどこまで追求したのかを探ってみる。

HP ENVY14 Beats Edition 「HP ENVY14 Beats Edition」。黒とシルバーを基調とするカラーリングでまとめられ、全体的に落ち着いた印象だ

単なる14型ワイドノートではない!

 始めに「Beats Audio」について簡単に触れておこう。残念ながら筆者はそちら方面には疎いのだが、ヒップホップ・ミュージック界のトップアーティスト「Dr. Dre」(ドクター・ドレー)によるオーディオブランドが、Beats Audioだという。

 HPの大型ノート「HP Pavilion Notebook PC dv7」でも、前面ステレオスピーカーやディスプレー左下に、Beats Audioのロゴやマーク(アルファベットの小文字Bを意匠化したもの)が小さく記されていたが、今回のENVY14では「B」のロゴが天板中央に大きく目立つように記された。本製品において最重要視しているのがオーディオ(サウンド)という証なのだろう。

 そのコンセプトは、パッケージから徹底されている。外箱を開けると、本体カラーと同色の上質な化粧箱が現われる。期待を抱きながら蓋を開けると、さらに中からソフトケースに入れられたENVY14本体が登場。マニュアル類なども電子化してSDメモリーカードに収めたものを添付するなど、心憎い演出がなされている。

上質な化粧箱に収められている 専用ソフトケースに収められた本体が登場
省包装時代に逆行するような、近年まれに見る上質な化粧箱に収められている専用ソフトケースに収められた本体が登場、Beats Audioロゴが印象的に記されている

 Beats Audio を象徴する「B」のロゴは各所にあり、さらにはWindows 7のメニューやアイコン、ウインドウのデザインに至るまでBeats Audio独自のテーマとなっており、隙がない。

Beats Audioテーマのデスクトップ Beats Audioテーマのデスクトップ。アイコンやウインドウ枠にまで手が入れられている

 外装も単にカラーを変えただけではなく、パームレストやキーボードの周囲、底面までもがラバーコーティングされており、しっとりとした質感で応えてくれる。また、ACアダプターも今までにないケーブル着脱が可能なスリムタイプを採用する。

しっとりとした感触が手になじむ スリムな付属ACアダプター
ラバーコーティングによる、しっとりとした感触が手になじむ本体と同程度の厚みのスリムな付属ACアダプター。電源ケーブルは着脱式で小型機器充電用のUSBポートも装備している

 なお、「ENVY」とはフランス語で「羨望」などを意味する言葉だ。映像や音楽などエンターティメントを存分に楽しめるようにした機種に付けられるシリーズ名だという。ENVY14とは、「14型ディスプレーを搭載し、オーディオに特化したノート」ということになる。

前へ 1 2 3 次へ

この特集の記事