このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第171回

Powershot S95&G12で猫撮影してみた!

2010年10月15日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
花壇を横切る猫をローアングルで狙ってみた(2010年10月 キヤノン Powershot G12)
花壇を横切る猫をローアングルで狙ってみた(2010年10月 キヤノン Powershot G12)

 秋の新製品から、キヤノンの「Powershot S95」と「Powershot G12」をペアで(実はすでに前回それで撮った写真は使ってるんだけど)。この2つの特徴は、普及型のコンデジよりCCDが一回り大きくて、画素数が少ない(1000万画素)こと。だから基本的な画質がワンランクいい。

左が小型軽量のS95。レンズ周りのリングが特徴。ここに好きな機能を割り当てられるのが楽しい。右が本格派のG12。ダイヤルがたくさんついててメカっぽいのが好きな人にはたまらない使いやすさ。液晶モニターも回転する左が小型軽量のS95。レンズ周りのリングが特徴。ここに好きな機能を割り当てられるのが楽しい。右が本格派のG12。ダイヤルがたくさんついててメカっぽいのが好きな人にはたまらない使いやすさ。液晶モニターも回転する

 S95は小さくてズーム倍率は低いけど、広角側がF2.0と明るいレンズを搭載している。レンズ周りのリングでISO感度もささっと変更できる。よって、室内でも撮りやすく、飼い猫向き。

 対してG12はゴツいけど5倍ズームで、液晶モニターは回転するし、ダイヤルがたくさんついていて慣れると目的のセッティングにさくっと変更できる。コンデジっぽくない、メカっぽい操作を楽しめる。楽しむというか、好みのセッティングで自在に撮れるので屋外猫向き。ローアングルも簡単。

 というわけで、この2機種で撮った写真を集めてみた。まずは「かふか」を2発。

天井からぶら下がって揺れている黒猫のモービルに、なぜか気をとられている「かふか」を上から狙ってみた(2010年9月 キヤノン Powershot S95) 広角側でぐぐっと寄って「かふか」の顔のアップ。ホワイトバランスはカスタムで合わせてある(2010年9月 キヤノン Powershot S95)
天井からぶら下がって揺れている黒猫のモービルに、なぜか気をとられている「かふか」を上から狙ってみた(2010年9月 キヤノン Powershot S95)広角側でぐぐっと寄って「かふか」の顔のアップ。ホワイトバランスはカスタムで合わせてある(2010年9月 キヤノン Powershot S95)

 実はこれを撮ったのは夜中。ISO 1600まで感度を上げて、ホワイトバランスを手動で合わせて明るく撮ってみた。F2.0レンズの威力。

 S95は小さいから、気軽に持って行ける。で、たまたま、夜に東名高速下の通路を自転車で走ってたら、子猫がふらふらしてるのを発見。親猫っぽいヤツはささっと資材置き場(かな?)に隠れてしまったが、子猫は逃げずにじっと見ている。

 なぜかいつもバッグに入ってるおやつをあげたあと、まだ貰えないかとうろうろしてるところを狙った中の1枚。暗くてシャッタースピードを上げられないので、そういう時はたくさん撮っておく。相手が猫だから被写体ブレしやすいのだ。

夜の子猫。さすがにISO 3200まで上げると画質は劣化するけど、それでもこれだけ撮れたら素晴らしい(2010年10月 キヤノン Powershot S95)夜の子猫。さすがにISO 3200まで上げると画質は劣化するけど、それでもこれだけ撮れたら素晴らしい(2010年10月 キヤノン Powershot S95)

 高架下なので照明も暗く、とても撮影には向かない場所なんだけど、このコンパクトなカメラでこれだけ撮れるとうれしい。大事なのは画素数じゃないのだ。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART