このページの本文へ

セキュリティソリューションサービスのラックと協力

NTT東日本、オフィスまるごとサポートにWeb診断を追加

2010年10月13日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月12日、NTT東日本は、オフィスのIT関連サポートを一括して請け負う中堅中小企業向けサービス「オフィスまるごとサポート」において、ホームページの脆弱性診断と改ざん検出ができる「Webセキュリティ診断」を追加。10月13日より提供開始する。

「Webセキュリティ診断」のサービスイメージ

 Webセキュリティ診断は、セキュリティソリューションサービスのラックの技術協力のもと、企業等のホームページにおいて構成するプログラムの脆弱性や悪意のある第三者による不正リンクの埋め込みなどの改ざんがないかを診断。顧客企業のホームページが改ざんや個人情報漏えい等につながるセキュリティ上の弱点の有無を通知する。

 診断項目は毎日1回、顧客企業のホームページが改ざんされていないかを診断する「改ざん検出」と毎月1回のホームページにセキュリティ上の弱点がないかを診断する「脆弱性診断」の2つ。

 同社ではホームページのセキュリティチェックは専門的な知識が必要となるため、専門の担当者を配置していない中堅中小企業向けのサービスだという。

 価格は1URLを診断する基本契約で月額利用料金が5250円(税込)、追加契約としてURLを追加するごとに月額利用料金4200円(税込/最大4URLまで)が加算される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ