このページの本文へ

LANDesk Management Suite 9がシステムライフサイクル管理でのリーダシップを拡張

LANDesk Software株式会社
2010年10月12日

クロスプラットフォームのモバイル管理とソフトウェア管理をLDMSとLDMS 9に装備

2010年10月11日、米国ラスベガスで開催中のInterchange発:  システムのライフサイクル管理、エンドポイントセキュリティおよびITサービス管理のグローバルリーダーである LANDesk Softwareは本日、LANDesk® Management Suite 9 と LANDesk® Security Suite 9の最新版を発表いたしました。 モバイルデバイス管理がこの新リリースの主要コンポーネントで、これにより企業ネットワーク上にあるスマートモバイルデバイスを、単一のLANDesk管理コンソールから即時に検出し、セキュリティ確保の上、管理できます。さらに、このLANDeskスイート製品はインフラ管理の簡素化、ソフトウェア配布とライセンス監視機能の強化、そして、Windows7のサポートとエンドポンとセキュリティのためのアンチウイルスおよびスパイウェアの更新を提供します。

「この新バージョンにはLANDesk® Mobility Managerが含まれているため、ITマネージャーは企業ネットワークに接続しているモバイルデバイスを即座に検出し、それらをユーザの所有物と認識して、必要に応じて企業データを消去できます。」と、LANDesk Softwareのプロダクトマネジメント担当バイスプレジデント、スティーブ・ワークマンは述べています。「 これによりITマネージャーが企業環境にさらに安心感を覚えることができると同時に、ユーザはApple のiPadやiPhone、Blackberry、Androidなどの新技術デバイスを活用することができます。 モバイルとシステムの管理を結合することでLANDeskは、ユーザが購入したデバイスが増加し続ける企業状況下で、ITマネージャーが探しているセキュリティを提供します。」とも述べています。

このアップグレードソリューションは、豊富な新機能と特徴で、リスクとソフトウェア経費を削減すると同時に、以下のような主要分野で生産性を向上します。:

• Mobility Manager: 代表的な企業は2020年までにIP接続デバイスが500億台になると見積もっています。 Mobility ManagerはLANDeskの管理対象を、急速に増加しているiPad、iPhone、BlackberryやAndroidベースのデバイスのようなパーソナルデバイスにまで拡張します。それらのパーソナルデバイスで企業データを使用することで、企業のセキュリティやデータ損失のリスクを増やします。すでに市場に出回っているソリューションと異なり、LANDesk Mobility Managerはデバイスにエージェントをインストールせずにデバイスを検出することができ、また検出した全てのデバイスを単一の管理コンソールに表示できます。LANDesk Mobility Managerの検出機能はMicrosoft ActiveSync や Blackberry Enterprise Server (BES) システムと連携しているため、入口でデバイスを発見できます。ネットワーク上のデバイス検出と管理は、iOS、Droid、 Windows CE 他の複数プラットフォームに対応しています。 ネットワーク内にデバイスが検出、認識されると、ITマネージャーは特定のデバイスを、それが脅威となる場合には、企業データからブロックすることができます。ポリシー外、コンプライアンス違反、進行中の脅威、紛失あるいは盗まれたデバイス、またはユーザが退職した場合に、リモートワイプ機能を利用できます。

• 簡素化された管理インフラ:複雑な分散環境に対応し、職場の境界を拡張し、デスクトップIT運用のより良い集中管理の全般的なニーズに応えるため、 LANDesk Management Suite と LANDesk Security Suite は新ダイナミックレポートやロールベース管理の機能強化などを、コンソールに完全統合しました。 レポート作成ソリューションは、サーバインフラをほとんど必要としない、使い易いダイナミックレポートが特徴です。

• ソフトウェア管理: LANDesk Management Suiteはソフトウェア監査に備え、対応することでコストを削減し、コンプライアンスを保証する、業界のリーディングソリューションです。 LANDesk Management Suite はソフトウェア配布を強化し、またライセンス監視機能、使い勝手と信頼性全般の増加したため、ITマネージャーは十分な情報に基づく、より良いビジネス上の判断を下し、ソフトウェアライセンス費用を厳しく管理できます。

• Windows 7 移行: 移行準備や査定とアプリケーションの互換性が判断できるようデザインされているため、エンドユーザへの影響は最低限に抑え、LANDesk Management Suite 9 はMicrosoft® Windows 7などの新OSへの移行をサポートします。 本日の発表で、LANDeskはWindows 7 (32ビットと 64ビットの両方) 上でWin32コンソールへのネイティブサポートを拡張し、PXEと仮想ブートイメージ配布を提供することによりWindows7の展開を簡素化します。またプロビジョニングとハードウェア非依存イメージ作成(HII)を提供することにより、管理者は多数の異なるプラットフォームへ一つの一般的なイメージを保持することができます。

• エンドポイントセキュリティ: LANDesk Security Suite は階層的セキュリティアプローチでIT環境を強化、防御することにより、データ漏えいを防ぎ、HIPSコンプライアンスなどの規定標準の徹底を確実にします。新バージョンには最新のアンチウイルスやアンチスパイウェアのエンジンと デバイスコントロール管理 (DCM) およびソフトウェア管理が含まれています。さらに、この最新バージョンは FDCC スキャナーと関連コンテンツを含んでいるため、政府関連機関は 連邦デスクトップコア標準(Federal Desktop Core Configuration standards)にそって、デスクトップをスキャンできます。

LANDesk Management Suite と LANDesk Security Suiteの詳細については、 http://www.landesk.co.jp/nineをご参照ください。


LANDesk Software について
LANDesk Software は 企業のデスクトップ、サーバおよびモバイルデバイスのシステムライフサイクル管理、 エンドポイントセキュリティ、および IT サービス管理 ソリューションを提供するリーディングプロバイダーです。 LANDesk は単一コンソール、手軽なインフラストラクチャとITILソリューションで、IT部門によるエンドユーザのコンピュータ環境のコントロールを可能にし、全世界で何千ものお客様に顕著な価値と投資対効果を提供しています。LANDeskは米国ユタ州ソフトレイクシティを本社とし、米国、欧州およびアジアパシフィックにオフィスを持っています。詳細は http://www.landesk.co.jpをご覧ください。

###
Copyright © 2010, LANDesk Software, Inc. and its parent or affiliated companies. All rights reserved. LANDesk およびそのロゴは、LANDesk Software, Inc. および米国および/またはその他国におけるその子会社および関連会社の登録商標または商標です。その他のブランド名や名称は各社の所有物です。


本件に関するお問い合わせ先:
LANDesk Software株式会社
マーケティング&オペレーションズ マネージャー  小原 英子
TEL: 03-3523-4761
Email: eiko.kohara@landesk.com


News2uリリース詳細へ

News2u リリース詳細へ

週刊アスキー最新号

  • 週刊アスキー No.1214(2019年1月22日発行)

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!