このページの本文へ

サービス名は「iSECURE Tripwire for SaaS」

日本ユニシスとKCCS、TripwireをSaaSで提供へ

2010年10月08日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月7日、日本ユニシスは、京セラコミュニケーションシステム(以下、KCCS)と協業し、トリップワイヤの変更管理ソリューション「Tripwire」を利用したSaaS型変更管理サービス「iSECURE Tripwire for SaaS」を発表。11月1日より開始する。

「iSECURE Tripwire for SaaS」サービス概要図

 Tripwireは、企業システムのデータとネットワークの整合性を監視。外部のみならず、内部からの不正な操作やオペレーションミスによる変更を検知し、早期復旧をサポートする情報資産保護ソリューション。商用の変更管理ツールとして、長い歴史を持つ。

 iSECURE Tripwire for SaaSは、Tripwireを使って、顧客企業の管理者にインターネット上で管理画面を提供する変更管理サービス。月額利用のSaaS型サービスのため、初期投資を抑え、かつ短期間でサービス開始できる。初期費用を理由に「Tripwire」の導入を控えていた企業に最適だという。

 また、DMZ上の外部公開サーバーだけでなく、イントラネット内のサーバーも変更管理の対象になるという。

 なお、KCCSはトリップワイヤの「Tripwire Enterprise製品導入認定コンサルタント」資格を日本で初めて取得。この資格により、変更の「自動承認」機能を提供しているという。

 価格は、管理対象サーバー1台あたり月額1万5000円(税別)から。

カテゴリートップへ

ピックアップ