このページの本文へ

恵安「タイガーマックス」シリーズ

マイナスイオン発生機能付きFAN採用の電源が販売中!

2010年10月06日 23時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 恵安の新型電源「タイガーマックス」シリーズ全3モデルがツクモパソコン本店で今日から販売中だ。

「タイガーマックス」
ツクモパソコン本店で今日から販売中の恵安の新型電源「タイガーマックス」シリーズ。お馴染み?動物シリーズの新モデルとなる

 「タイガーマックス」シリーズの主な特徴は、搭載ファンに“静音+長寿命+マイナスイオン”のトリプル効果をうたう120mmタイプのNANOベアリングファンを採用するところ。同社によると「電源内部にマイナスイオンを放出することで、静電気の発生を抑えて電気的なノイズを中和し、システムの安定動作を促す効果がある」としている。なお、ファンは温度可変タイプで1100rpm(650Wは1140rpm)~1510rpm(550Wは1570rpm/650Wは1590rpm)で回転数を自動制御する。
 ラインナップは450Wの「KTP-450P」550Wの「KTP-550P」650Wの「KTP-650P」3モデル。ケーブルは着脱可能なプラグイン方式で、サイズは150(W)×86(H)×140(D)mm。価格は下から4280円、4980円、5980円となっている。

マイナスイオン
搭載ファンに“静音+長寿命+マイナスイオン”のトリプル効果をうたう120mmタイプのNANOベアリングファンを採用。「電源内部にマイナスイオンを放出することで、静電気の発生を抑えて電気的なノイズを中和し、システムの安定動作を促す効果がある」としている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中