このページの本文へ

リアルタイムモニタで管理者に通知

日立ソリューションズ、FWを監視する「FIREWALLstaff」発売

2010年10月06日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月5日、日立ソリューションズは、ファイアウォールやUTMの稼働状況や発生しているトランザクションを監視し、その結果を通知・レポートする「FIREWALLstaff」(ファイアウォールスタッフ)を発表。10月18日より提供開始する。

「FIREWALLstaff」(ファイアウォールスタッフ)機能イメージ

 FIREWALLstaffは、攻撃やウイルスの発生、ファイアウォールの状態異常(CPU、メモリなどのしきい値超え、冗長構成の切り替え発生等)を、リアルタイムモニタ(FIREWALLstaff Viewer)で監視する機能を持つ。このため、ファイアウォールに現在何が発生しているかを確認できる。

 リアルタイムモニタで異常などを検知すると、メールやメッセージ通知機能(FIREWALLstaff Client)でファイアウォール管理者に通知する。

 また、ネットワークの利用状況や攻撃防御の統計など、ファイアウォールのログを集計し、さまざまな切り口のレポートを生成。レポートは、ファイアウォールの運用状況の把握やファイアウォールの適切な設定・変更に役立つという。

 FIREWALLstaffでサポートしているファイアウォールは、下表の通り。

ファイアウォール サポートバージョン
Juniper Networks NetScreen/SSGシリーズ OS がScreenOS5.4~ScreenOS6.2
Juniper Networks SRXシリーズ OSがJUNOS10.0
Fortinet FortiGateシリーズ OSがFortiOS3.0MR6~FortiOS4.0MR1
但し、リソースの監視・通知・レポートが必要な場合FortiOS3.0MR7以降
Palo Alto Networks PAシリーズ OS がPANOS3.1.x

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ