このページの本文へ

CORSAIR「CC600T」

CORSAIRから本格派のミドルタワー「CC600T」が登場!

2010年10月02日 21時43分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ミドルタワーながらフルタワー並みの拡張性とメンテナンス性、冷却性能を実現したというCORSAIR製のPCケース「CC600T」が発売となった。

「CC600T」
ミドルタワーながらフルタワー並みの拡張性とメンテナンス性、冷却性能を実現したというCORSAIR製のPCケース「CC600T」
背面
ケースリア部に水冷ホース用穴、CPUクーラーメンテナンス用カットアウト、ケーブルマネジメント用マザーボードトレイ部のケーブルホールを搭載

 フロントとトップ部にメッシュ加工が施されたこのモデルは、フロント200mm×1(ホワイトLED)、トップ200mm×1(ホワイトLED)、リア120mm×1のファンを標準で装備。フロントトップ部には200mmファン用の大きなファンコントロールノブが搭載されている。
 ドライブベイレイアウトはツールフリー5インチベイ4段。また横置きタイプの3.5インチシャドウベイは6段で、いずれも2.5インチ対応のドライブレールが用意されている。
 オプションの電源ユニット搭載スペースはボトム搭載式で、排熱用のエアインテーク(洗浄可能エアフィルター装着済み)を装備。その他ケースリア部に水冷ホース用穴、CPUクーラーメンテナンス用カットアウト、ケーブルマネジメント用マザーボードトレイ部のケーブルホール、3-Way SLIに対応する8本の拡張スロットなど、ハイエンド構成に十分答えられる多くの特徴を備えている。なお全体サイズは265(W)×592(D)×507(H)mm、重量約11.3kg。価格および販売ショップは以下の通りだ。

トップ部
フロントトップ部には200mmファン用の大きなファンコントロールノブが搭載。USB3.0×1、IEEE1394×1、左側にUSB2.0/1.1×4、さらに音声入出力端子を備える
内部
サイドパネルはワンタッチで容易に開閉が可能。開け閉めの多いハードユーザーにとっては嬉しいギミックとなる。また内部の3.5インチシャドウベイ一部を下側に設置することも可能だ
価格ショップ
「CC600T」
¥22,780TWOTOP秋葉原本店
¥22,800クレバリー1号店
ドスパラ秋葉原本店
ソフマップリユース総合館
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
OVERCLOCK WORKS

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中