このページの本文へ

小型サーバー「サテライトコレクター」を提供

セキュアヴェイル、内部システム監視するSaaS型サービス

2010年10月04日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 10月1日、セキュアヴェイルは、SaaS型運用監視サービスNetStare for SaaSに企業の内部システムまで監視可能な「NetStare for SaaSサテライトコレクタータイプ」を追加。同日より提供開始した。

サテライトコレクター

 NetStare for SaaSサテライトコレクタータイプは、同社が開発した監視モジュールを導入した1/4サイズの小型サーバー「サテライトコレクター」を顧客企業のシステムに設置し内部システムを監視するサービス。

NetStare for SaaSサービス概要図

 内部システムを監視し、データを暗号化したうえで、HTTPで同社センターに送信。運用監視システムに取り込み、顧客企業用Webポータル(ダイナミックステータスビューア)に反映させるという。顧客企業は専用のWebポータルで、内部システムの稼動状態をリアルタイムに確認でき、監視上の問題が発生(該当するアイコン上で炎マークや煙マークが表示)しているか、視覚的に捉えられる。

 価格は初期費用12万5000円(サテライトコレクター費用を含む)、月額費用が4万5000円(5台まで監視)、監視機器を1台ごとに1500円。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ