このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第167回

こんなところで寝ますか? 我が家の猫の好きな場所

2010年09月17日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
部屋の外から窓際の「かふか」。これは撮影用。普段はもちろん網戸を閉めてます。ここにいれば子供達に声をかけられても安心らしい(2010年8月 パナソニック LUMIX LX5)
部屋の外から窓際の「かふか」。これは撮影用。普段はもちろん網戸を閉めてます。ここにいれば子供達に声をかけられても安心らしい(2010年8月 パナソニック LUMIX LX5)

 平日の午後、ときどきマンションの廊下から子供達の声がする。うちは端っこに近い部屋なので話し声が気になることはめったにないのだが、たまに響くのである。

 あるとき、そちらから「にゃあおいで」とか「にゃあがいない」とか、そんな声が聞こえてきた。ふと床を見ると「かふか」も「大五郎」も部屋でぐだぐだしてる。

 どうやらうちの猫を呼んでいるらしいのだ。

 春から秋の間、納戸として使ってる部屋は換気用に窓を開けており、うちの「かふか」が窓際のダンボール箱でよく寛いでいたのである。

 その姿をよく子供達に見られて遊ばれていたらしい。ああ、客が来るとすぐ逃げる猫も、網戸と格子ごしなら平気なのね(冒頭写真)。

 窓際に置いてあるAmazon箱には半分くらい何か(納戸なので適当なものが放り込んである)がつまっているため、そこに落ち着くとちょうど顔が出るのだ。ほどよく涼しいんだろうな。

 たまに様子を見に行くと、ごろごろしてる。でも納戸なので基本的に暗い。撮影しやすい部屋ではない。

 そこで一眼レフに発光の向きを変えられるストロボをつけ、発光部を天井に向け、こそっと近づいて撮影。

「かふか」苦労してこっちを向くの図。でもよく見ると上半身だけひねってて下半身は上を向いたままなんですが……(2010年8月4日 ニコン D90)

 名前を呼んだら箱の上で悶えてて面白いーとたくさん撮ったんだけど、よく見たら……ダンボールにすぽっとはまったせいで、寝返りを打ってこっちを向きたいんだけど、うまくいかずにもがいてたんじゃなかろうか。いや明らかにそんな風である。

 それに気づかず面白がってシャッターを切ってすまぬ。わははは。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART