このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「禁書目録」痛PCケースの誕生秘話とその全貌

2010年10月22日 16時00分更新

文● 藤山 哲人

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 つい先日は俺様の許可を得ていないのにもかかわらず、300円から410円まで値上がりしたタバコ。「百害あって一利なし」なんて言われるが、そんなこたーないっ!

 愛煙家ギルド。通称「喫煙室」では、煙を吐くもの同士の連帯感が違うのだ!

 そこでタバコから一利を得たのが広告部の話だ。時は今から2ヶ月ほど前にまでさかのぼる。

「今度とある魔術の禁書目録ってアニメのPCを作ることになったんですけど、見たことないんです。っていうか、ウチ、テレビないんですよ……」

 どっちを突っ込んでいいのか分からなかったが、とりあえず

「えーーっ!禁書目録も知らないのかよ! っつーか禁書目録のPCを作るってなにさ!?」

 どうやら「とあるアキバの電脳工場(パソコンメーカー)」とタイアップして、痛PCを作るという計画が進んでいるらしいのだ。痛PCといえば我々のフィールドワーク、っつーかライフワークなのに「俺らを通さずそんな楽しそうなもの作るってのはどういうことじゃ!」ということで、すぐさま編集部に戻り、編集長の突撃許可と飛び道具を持って広告部に殴り込みに入った!

 どうか私たちにその製作過程のドキュメンタリを書かせてください!

 むろん「つまらないものですが……」と言いつつ菓子折りを差し出し、「甘いものが苦手な方はこちらにお茶も用意させていただきました」ってキメ細かな心配りも忘れない。

ASCII.jpアキバ班のスタンダードな殴り込み風景

 えっ?さっきの意気込み? これがASCII.jpの殴り込みっすよ。この腰の低さがASCII.jpアキバ班クオリティー!  そして殴り込みのかいがあって、広告部やアニメの製作委員会から快諾を得た! ということで、製作委員会公認の「とある魔術の禁書目録」PC製作ドキュメント、っつーかコトの顛末をお届けしたい!

コトのはじまりは機材協力でお世話になってる会社じゃん!

 どうやら発起人は、いつも機材を借りてお世話になってるリンクスインターナショナルさん。我々のヘンテコPCを見て、もう少しマシなアニメPCを作ろうと思ったらしい(笑)。そこでさっそく同社に足を運ぶとデザイン画を発見!

 が!なんすかコレ? なデザイン……

 PCの向かって左サイドのパネルに貼ってあったのは、次の絵だ。

えーと、アナログ放送みたいに上下に隙間が空いてちゃってますが……えーとえーと。もうちょっと拡大すると、迫力あるインデックスを全面に印刷できますよ~

 ちっ!ちがうぅーーーっ!こんなの痛PCじゃなーい!

 と叫び「その何たるか?」を……

(以下、お忙しい読者のお手を煩わせないように、20行にわたるレクチャーの詳細は、編集部にて削除させていただきました。)

 ……でしょ! じゃないとダメなんです! とレクチャー。痛PCはフロント、両サイド、天板の4面にシールを貼ってこそ!

檸檬茉莉花(ジャスミン)さんが作ったミクPC。えーと、プロの犯行ってヤツ?

【関連サイト】

 こーゆー愛を感じるマシンが真の痛PCなのだ! 会社じゃ絶対使えないけどね。

露出が高ければいいってワケじゃない!

 まずは雑誌や公式サイトから痛PC用の絵素材をかき集めた。見たことあるのもあるし、初めて見るのも。って言っても見たことあるのは、毎月買ってるMegamiマガジンの露出度の高いヤツだけど……。あ、もちろん!電撃も読んでます!

雑誌やウェブに掲載されたイラストデータをかき集め、痛PCに向いているかを確認。これがけっこうな枚数あるんだわ

 我々のレクチャーにより、4面貼らないと愛のない、上っ面だけの痛PCになるという言葉を真(ま)に受けて、いや真摯に受けて、残り3枚の絵を選定することになった。ASCII.jpであれば、エロい順に絵を決めていくだけだが、これはあくまでリンクスインターナショナルの製品。我々が口出しするべきことじゃないので、ひとまず退散だ。
 数日後リンクスインターナショナルを訪れると、これは必須という斬新な2枚が会議の末決まりました!と。で、絵を見せてもらうと……。

 斬新過ぎっ! っつーか、これラフでしょ!?

 担当さんいわく「こういう製作途中の絵の方が希少価値があってみなさんに喜んでいていだだけるでしょう」と。話を聞いてみると完成した絵の下にあったレイヤーを抜いてきたらしい。

 いや、いや。下のレイヤーとか引っ張ってきちゃダメだから……。業界の暗黙のお約束だから……。

 ということで、なんとか「色トレス指定&背景ダブラシ」などという製作現場のメモが書かれた痛PCは免れた。
 他に選んだ絵を見せてもらうと、センスいいの選ぶじゃん!っていうのもあれば、こりゃダメでしょうってのまで色々。まずはこんなの。

ポージングとかインデックスの表情がイイんだけど、野郎がメインになっちゃダメだ!

 野郎がメインになってるから萎え萎え~! 却下!

 「じゃぁ、これイイ思いません?下着姿ですよ!下着!」と見せられたのがコレ。

お前――、誰? 登場人物の服はめったなことでは脱がしちゃいかーん! 服もキャラクタの記号の一部なの! じゃないと、侵略してきた海洋生物に見えちゃうでゲソ!

 インデックスの法衣を脱がしたら誰だかわからねーから、らめぇ~! 迫力はあるんだけどね。
 で、最後に出てきたのはコレだ!

エッチなのはいいんだけど、これはサイドパネルの形(正方形)にトリミングできない!

 絵の選定には問題ない! がっ!PCの側面はほぼ正方形。この絵だとトリミングするポイントがないじゃないイカ!
 ということで、シール選びのリテイクを出して次週持ち越しだ。なんかドキュメンタリーを作るのに取材に来てるのに、すっかりディレクションしちゃってるけどいいのか?

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社