このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

物欲AVコモノ道 ― 第67回

iPhone 4単体でワンセグ番組を見る!「TV&バッテリー」

2010年09月14日 12時00分更新

文● 川添貴生/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 着うたやおサイフケータイなど、ガラケーにあってiPhoneにない機能はいくつかあるが、モバイルAVデバイスとして考えたときに搭載されていたら重宝しただろうなあと思うのがワンセグの受信機能である。外出中、どうしても見たい番組を(画質はともかく)気軽に見られるのはやはり便利だからだ。

「TV&バッテリー」(左)とプラネックスの無線LANルーター「MZK-MF300N」「TV&バッテリー」(左)とプラネックスの無線LANルーター「MZK-MF300N」

 こうしたニーズを汲み取り、iPhone用周辺機器としてソフトバンクモバイルからリリースされているのが「TV&バッテリー」である。ワンセグ放送を受信し、それを無線LAN経由で送信することによってiPhoneでの番組視聴を実現するという製品だ。さらに外部バッテリーとしての機能もあり、Dock端子経由でiPhoneに接続すれば充電することも可能というもの。9840円と気軽に買える価格帯になっているのも嬉しい。

 ただ、ガラケーならチューナーを本体に内蔵しているため単体でワンセグが見られるが、TV&バッテリーではiPhoneとチューナーの2つを持ち歩く必要があるのが難点である。カバンの中の荷物が増えてしまう上、それぞれのバッテリ状態も気にしなければならないのが面倒だ。

「TVモバイル」起動時の画面 TVモバイルは1000円の有償アプリだが、ネットワーク接続ができなかった場合などのためか、購入前に試すことができる 購入すれば視聴は30秒までという制限が解除される
「TVモバイル」起動時の画面TVモバイルは1000円の有償アプリだが、ネットワーク接続ができなかった場合などのためか、購入前に試すことができる購入すれば視聴は30秒までという制限が解除される

 ただ、TV&バッテリーでワンセグ放送を受信するためのアプリには無償の「テレビ」と有償(1000円)の「TVモバイル」の2種類が用意されている(TVバンク提供)。テレビは、TV&バッテリーと直接無線LANで接続してワンセグを見られるというものだが、TVモバイルは別のネットワークを介してiPhoneとTV&バッテリーを接続することが可能だ。

 3G回線経由は視聴不可という制限はあるが、それぞれがインターネットに接続されていれば、場所を問わずにワンセグを見られる環境を構築できる。

 ここで思い出すのがソニーから発売されていた「ロケーションフリー」、通称「ロケフリ」である(現在は生産完了)。これはテレビ映像をMPEG-4、あるいはMPEG-2に変換してネットワーク経由で配信するというもので、自宅においたベースステーションで受信した内容を、外出先のPCやプレイステーション・ポータブルで見られるというユニークな製品だった。TV&バッテリーとTVモバイルの組み合わせは、ロケフリ環境を実現できる貴重な存在なのだ。

前へ 1 2 3 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART