このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

2010年秋、注目アニメは四原色のAQUOSクアトロンで観る! ― 第1回

氷川竜介とシャープ開発陣が本気で画質チェック!

クアトロンはアニメでも真価を発揮するのか?

2010年09月27日 10時00分更新

文● 林 佑樹 撮影●篠原孝志(パシャ)

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
話題騒然のAQUOSクアトロン。今回はLC-52LX3で、人気作品『とある科学の超電磁砲<レールガン>』のBlu-ray Discを観賞する

評論家・氷川竜介が斬る、アニメのための四原色

 美麗──シャープの薄型テレビ「AQUOSクアトロン」はそんな単語が似合う製品だ。店頭で見かけて、思わず足を止めてしまった人もいるのではないだろうか? これまでの液晶テレビとは次元の異なるその画質は、四原色という革新的な方式によって生み出されたものだ。

氷川竜介氏。技術的な視点からのアプローチを得意とする。アニメ・特撮全般への造形が深く、宇宙戦艦ヤマトからストライクウィッチーズまで硬軟自在に語れるアニメ界の生き字引

 AQUOSクアトロンでは、従来のRGB(赤・緑・青)の三原色に、Y(黄色)を加えることで色域を広げ、高精細化も実現した。

 ただ残念なことに、店頭で見かけるデモでは、もっぱら実写映像が使用されている。AVマニアの中でも一定の割合を占め、コンテンツの高画質化に貪欲で、Blu-ray Discなど新しいフォーマットにも大きな関心を持つ、アニメユーザーにとって、AQUOSクアトロンが果たして有効な選択肢になるのかどうかは、未知数のままだ。

 そこで編集部では、AQUOSクアトロンの四原色が、アニメの色再現にどういった影響を与えるのかを検証することにした。今回はシャープ開発陣の協力を得た上で、アニメ評論家の氷川竜介氏が、その画質を斬る。

 アニメ制作の現状から再生機器に至るまで幅広い知識を持つ氷川氏に四原色が革新する“色表現の可能性”について、コメントしていただいた。

 評価にはAQUOS LX3シリーズの52インチモデル「LC-52LX3」を使用。映像ソースとして、8月末にテレビシリーズ最終巻のBlu-ray Discがリリースされたばかりの人気作『とある科学の超電磁砲<レールガン>』を観た。


AQUOSクアトロンで、人気作『とある科学の超電磁砲』を観る

検証に使用したシーンは、前半のクライマックスとなる第12話「AIMバースト」と、最終話(第24話)「Dear My Friends」からピックアップ。BD/DVD同時発売のコンテンツだが、今回はすべてBD版を使用した

■作品情報

  • 「とある科学の超電磁砲<レールガン>」第4巻(GNXA-1224
  • 「とある科学の超電磁砲<レールガン>」第8巻(GNXA-1228
  • 価格:各7875円

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART