このページの本文へ

アップル、音楽特化SNS機能「Ping」搭載の「iTunes 10」

2010年09月02日 21時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 アップルは、音楽特化型ソーシャルネットワーク機能「Ping」や動画/音楽/静止画ストリーミング機能「AirPlay」を搭載したMac OS X/Windows用「iTunes 10」をリリースした。「ソフトウェア・アップデート」またはアップルのWebサイトよりダウンロードできる。

「iTunes 10」
従来は音楽CDをイメージさせるアイコン(左)だったが、「iTunes 10」では「音楽」そのものを表わすアイコン(右)に変更された

 音楽特化型ソーシャルネットワーク機能「Ping」は、気に入ったアーティストや他ユーザーを"フォロー"することで、最新情報や話題曲を知ったり、投稿した写真/動画に対するコメントをやり取りしたりできるというもの。これらはiTunes 10上で行なえる他、iPhone/iPod touchからも情報チェックを行なったり、コミュニケーションを取ったりできる。またプロファイル情報を設定することで、どんな曲を聴いているのか、どのアーティストのファンなのかといった情報をユーザー同士がお互いに公開できる。

「Ping」を初めて利用する際には、プロファイル情報の設定を求められる

 動画/音楽/静止画ストリーミング機能「AirPlay」では、iTunesライブラリー上の楽曲データを有線/無線LANを介し対応スピーカー/ステレオで再生できる。iTunesウィンドー右下部に表示される[スピーカー]ボタンをクリックすると開くメニューにおいて、「複数のスピーカー」機能を選択すると、家庭内の複数の対応スピーカー上で再生可能となる。「AirPlay」非対応スピーカーなどの場合は、AirMac Expressベースステーションを介することでストリーミングできる。

 iTunesを介したパソコンとiPhone/iPad/iPodとの同期機能も強化され、デバイスの残りメモリー容量をリアルタイムで表示できるようになった。この他HD TV番組のレンタルサービスなども明らかにされているが、対象地域は米国内のみとなっている。


■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp RSS2.0 配信中