このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

「デジタルテロッパ」開発元に聞く

ニコニコ実況は「テレビ」を変えるか

2010年09月03日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 テレビ番組に字幕コメントを入れる「ニコニコ実況」が、自宅のテレビにつけられる。

 そんなふれこみとともに発表されたのは「デジタルテロッパ」(EN-NL1068)。リモコンとセットになった、ゲームマシンのような小さな機械だ。9月上旬の発売で、価格は1万9800円(オンラインストアでは1万2525円のキャンペーン価格で提供)とやや高め。

 できることはシンプルで、LANにつないだデジタルテロッパをテレビとHDMI接続すると、「ニコニコ実況」というテレビの実況中継をかぶせられる。本家・ニコニコ実況では、お笑い番組やニュース番組などへの「ツッコミ」がとても盛り上がっている。

デジタルテロッパ。テレビとHDMI接続するだけの簡単な構造

 「この10倍の値段はしてもいいと思います」

戸田英樹氏

 そう語るのは、開発元・エンティス社取締役の戸田英樹氏。エンティス社はもともとデジタルサイネージ(電子広告)機材のメーカーだ。電車でリアルタイムに流れる、ニュースや遅延情報。つまり、文字テロップを流す「テロッパー」だ。

 テロッパーをSTB(セットトップボックス)のようにテレビにつけ、字幕を流すしくみはVHS時代にあったもの。だが、DVDが登場してからのデジタル時代、その存在感はなくなってしまった。現在はプリプロ、映像制作会社が使うくらいの技術だった。

 その中で、法人向けテロッパーメーカーが、テロップに関する技術を集めて開発したのがデジタルテロッパだ。「サイネージ業界で、この値段で、このクオリティの機材がつくれるなんてまずありえない」という。

テロップはとてもスムースに流れていた。ガタつくこともなく、映像も美しいまま

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART