このページの本文へ

クーラーマスター「HAF X」

期待のCM製ハイエンドPCケース「HAF X」がついに販売開始

2010年08月27日 22時17分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスター製PCケースとしては「CM690 II Plus」同様、2010年を代表するモデルとなりそうな「HAF X」(型番:RC-942-KKN1)が、本日発売となった。ご存知“High Air Flow”がコンセプトの「HAFシリーズ」最新モデルだ。

「HAF X」
クーラーマスター製PCケースの2010年ハイエンドモデル「HAF X」がいよいよデビュー。ハイエンドビデオカードの4枚差しにも対応する高エアフロー設計のフルタワーPCケースがコンセプトだ

 今年開催されたCOMPUTEX TAIPEI 2010の同社ブース中央に、ずでんと構えていた「HAF X」。既存モデル「HAF 932」の正統後継となる製品でもある。具体的には「HAF 932」に比べ、幅243→230mm(-13mm)、高さ560→590mm(+30mm)、奥行き564→550mm(-14mm)と、それぞれ若干のサイズ変更がなされている。また、対応フォームファクタがE-ATX/ATX/MicroATXに加え、XL-ATX規格への正式対応が謳われている。
 「HAF X」の代名詞であるエアフローレイアウトは、フロント230mm(Red LED on/off対応)×1、リア140mm×1、トップ200mm×2(1基のみ標準搭載)、サイド200mm×1、ビデオカード用エアダクト内120mm×1(オプション)、ビデオカードホルダー部80mm×1(オプション)という構成だ。

エアフロー
「HAF X」の代名詞であるエアフローレイアウト。大口径の冷却ファンで、まさに“High Air Flow”な冷却を可能とする
トップ リムーバブル
天板リア側に200mmを1基搭載。ファンを外せば200mm×360mmの水冷ラジエーターも搭載可能だ6段用意される5インチベイは、うち2段がSATA2.5/3.5インチドライブ対応のリムーバブルトレイとして利用できる

 6段用意される5インチベイは、うち2段がSATA2.5/3.5インチドライブ対応のリムーバブルトレイ。2.5/3.5インチシャドウベイは計5基備えている。フロント部にはマザーボードI/Oポートからケーブル背面引き回し接続させるUSB3.0ポート×2、USB2.0/1.1×2、IEEE1394×1、eSATA×1、音声入出力端子を装備している。
 ハイエンド向けフルタワーデザインということで、2スロット占有タイプのハイエンドビデオカードの4枚差しに対応。加えて、それら重量があるビデオカードの固定をサポートする「ビデオカードホルダー」(2スロット占有タイプ2枚まで対応)をはじめ、ケース前面よりビデオカードに対し、直線的に空気を送り込む「ビデオカード用エアダクト」(2スロット占有タイプ3枚まで対応)なども備えている。
 その他、ケーブル類をケース裏側に通すケーブルマネジメントシステム、CPUクーラーのメンテナンスを行なえるメンテナンスホール、水冷ホースホールを装備。 主な付属品は、電源ユニットのケーブルを隠す役割を果たす「電源ケーブルカバー」、ケースの移動が簡単なキャスターなどとなっている。

内部 ケーブルカバー
ブラック塗装を施した内部の様子。長さ約342mmのVGAカードスペースを確保し、どんなハイエンド製品にも対応する電源ユニットのケーブルを隠す役割を果たす「電源ケーブルカバー」とビデオカードに対し直線的に空気を送り込む「ビデオカード用エアダクト」
カバー リアの様子
フロント部にはマザーボードI/Oポートからケーブル背面引き回し接続させるUSB3.0ポート×2などを装備。電源/リセットボタンはスライド式のカバーで隠すこともできるリアの様子。9本分のスロットを備えるほか、水冷ホースホール等も用意される
価格ショップ
「HAF X」
¥28,000OVERCLOCK WORKS
¥28,770フェイス秋葉原本店
¥28,780TWOTOP秋葉原本店
¥28,800アーク
クレバリー1号店
ドスパラ秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.
T-ZONE.PC DIY SHOP
¥29,800ソフマップリユース総合館

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中