このページの本文へ

akasa「AK-CCE-7106HP」

LGA 1156対応クーラー最薄となるCPUクーラーが登場

2010年08月26日 21時37分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 全高29.5mmのロープロファイルデザインが特徴となるCPUクーラー「AK-CCE-7106HP」がakasaから発売となった。

「AK-CCE-7106HP」
全高29.5mmのロープロファイルデザインが特徴となるCPUクーラー「AK-CCE-7106HP」がakasaから発売

 LGA 1156/775対応のCPUクーラーとしては、おそらく最薄モデル(一部サーバー向け製品は除く)となりそうな「AK-CCE-7106HP」。S-FLOWブレード/HDBベアリング採用の80mmファン(600rpm~3000rpm/ノイズレベル18.9dB~31.9dB)をアルミ製ヒートシンク内に搭載することで、高さを抑えることに成功している。
 全体サイズは87.2(W)×85.2(D)×29.5(H)mm、重量は234g。対応CPUはIntel Core 2 Duo、Core i3、Core i5/TDP 73Wのほか、Mini-ITXやmicro ATXケース等の小型PCケースなどに最適としている。価格はパソコンハウス東映で1850円、T-ZONE.PC DIY SHOPで1980円となっている。なお、ロープロファイルが特徴のCPUクーラーとしては、全高36.5mmのSilverStone「SST-NT07-1156」や、全高36.0mmのThermaltake「Slim X3」(型番:CLP0534)などが販売中だ。

高さ
LGA 1156/775対応のCPUクーラーとしては、おそらく最薄モデルとなりそうな「AK-CCE-7106HP」。高さは3cmを切る2.95cmとなる
裏面 比較
アルミ製フィンに銅コアという構成。取り付けはリテールと同一構造のプッシュピンタイプだSilverStone「SST-NT07-1156」(左)とThermaltake「Slim X3」(右)の中央にあるのが今回発売された「AK-CCE-7106HP」

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中