このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” ― 第166回

大人しいけどかわいい! 人見知りな猫

2010年08月27日 12時00分更新

文● 荻窪圭/猫写真家

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
きょとんとしてるパンちゃんに襲いかかるランちゃん。ちなみにどっちもメス。思いきり被写体ブレしているけど、その分襲いかかる臨場感をどうぞ(2010年8月 ソニー NEX-5)
きょとんとしてるパンちゃんに襲いかかるランちゃん。ちなみにどっちもメス。思いきり被写体ブレしているけど、その分襲いかかる臨場感をどうぞ(2010年8月 ソニー NEX-5)

 前回、友達の家にいる生後3ヵ月の子猫たちを紹介したが、今回はその後編。

 人なつこくてオモチャ好きなランちゃんに対して、白黒のパンちゃんは人見知り。ケージを開けても、遊んでるランちゃんの様子を羨ましそうに見てるだけでなかなか出てこない。

ケージの扉を開けてもそこから動かず、じっと外を見るパンちゃん(2010年8月 ニコン D90)ケージの扉を開けてもそこから動かず、じっと外を見るパンちゃん(2010年8月 ニコン D90)

 でも遊びたそうなので、奥さんがひょいと肩の上に持ち上げて(子猫だからまだ小さくて軽くてふわふわなのだ)床の上に下ろす。

 見知らぬ人間を気にしてきょろきょろするが、うちの猫のように猛ダッシュでどこかに隠れるでもなく、敵愾心を燃やすでもなく、そっと移動して、たまたま立てかけてあった鏡とケースの三角形の隙間にちょこん。

ケージから出され、肩の上にひょいと持ち上げられたパンちゃん。顔が緊張してて指も開いてます(2010年8月 ニコン D90) 狭い三角のスペースにちょこんとすわってきょとんとこっちをみてるパン。顔がきれいなシンメトリになってる(2010年8月 ニコン D90)
ケージから出され、肩の上にひょいと持ち上げられたパンちゃん。顔が緊張してて指も開いてます(2010年8月 ニコン D90)狭い三角のスペースにちょこんと座ってきょとんとこっちを見ているパン。顔がきれいなシンメトリになってる(2010年8月 ニコン D90)

 子猫1匹がちょうど入る隙間でちょっと首をかしげてこっちをじーっと見てる姿はもうたまらんですわ。これはもう這いつくばって撮影すべし。じーっと向かい合いながら、ひたすら撮る。

 しばらくすると慣れてくるんだけど、やんちゃなランちゃんにはかなわず。きょとんとしていたら、いきなり襲いかかられてしまったのが冒頭写真。

 突然のダッシュでブレちゃってるけど、その分臨場感があって面白いので採用してみた。

 きっとどこの猫もそんなんなんだろな。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART