このページの本文へ

msi「870A Fuzion」

“Fuzion”サポートマザーに初のAM3対応モデルが登場

2010年08月18日 21時12分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM3対応マザーボードとしては、初の“MSI Fuzionテクノロジ”をサポートする「870A Fuzion」がmsiから発売となった。

「870A Fuzion」
Socket AM3対応マザーボードとしては、初の“MSI Fuzionテクノロジ”をサポートする「870A Fuzion」がmsiから発売
AMD770
パッケージやマニュアルには「AMD770」と記載されていることから、一時的に販売を見合わせているショップもあるが、本記事内ではmsiの製品情報、およびリリースに「AMD870」とあることから、そちらを優先させている

 ご存知、NVIDIA GeForceとATI Radeonといった異なるGPUメーカーのビデオカード2枚によるマルチGPU環境が構築可能な“MSI Fuzionテクノロジ”サポートのSocket AM3対応マザーが登場した。チップセットは「AMD870」+「SB710」(パッケージやマニュアルには「AMD770」と記載されていることから、一時的に販売を見合わせているショップもあるが、同記事内ではmsiの製品情報、およびリリースに「AMD870」とあることから、そちらを優先させている)で、さらにLucid「LT22102」チップを追加搭載。
 これにより、同一ベンダー同士の構成(Nモード/Aモード)に加え、異なるGPUチップベンダーのビデオカード2枚を使って1画面を描画するマルチGPUグラフィックス環境(Xモード)も構築可能な“MSI Fuzionテクノロジ”をサポートする。

拡張スロット
拡張スロット周りとI/O部の構成。2つのUSB3.0ポートのうち1ポートは基板上に配置されている

 主なスペックは、拡張スロットの構成がPCI Express(2.0) x16×2、PCI Express x1×2、PCI×1。メモリスロットはDDR3が4本で対応はDDR3-1600(OC)/1333/1066/800MHz、最大16GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスにはギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC892)、IEEE1394(VIA/VT6315N)、Serial ATA II×6、SATA3.0×2(Marvell/88SE9128)、USB3.0×2(うち1ポートは基板上)などを搭載している。その他、125W対応APS電源回路やOC用オリジナルチップ「OC Genie」もサポート。価格は以下の通りとなっている。

価格ショップ
「870A Fuzion」
¥13,580T-ZONE.PC DIY SHOP(一時販売見合わせ中)
¥13,970アーク
フェイス秋葉原本店
¥13,980TWOTOP秋葉原本店
ツクモパソコン本店
TSUKUMO eX.

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中