このページの本文へ

Metered Rack-Mount PDU 型番AP8800シリーズとAP8900シリーズ登場

APC、電力量のリアルタイムで監視できるラック型PDU

2010年08月19日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 8月18日、エーピーシー・ジャパンはラック型の電源タップであるラックマウントPDU(Power Distribution Unit)の新製品「Metered Rack-Mount PDU 型番AP8800シリーズ」と「Switched Rack-Mount PDU 型番AP8900シリーズ」を発表した。

AP8800シリーズの上位製品「AP8841」

 両シリーズは、ラック内の機器を取り付けるスペースを利用しないゼロUタイプの電源タップで、厚みは51.2mm。電圧や電流、電力、電力量の計測や温度/湿度などの環境の監視をリアルタイムで行なう機能を搭載する。特にAP8800シリーズは、遠隔からの電力監視も可能で、過電流時にはアラーム警告を出すことができる。これにより、クリティカルなIT機器のダウンが起こる前に問題を解決することが可能という。

 一方、AP8900シリーズは遠隔から個別アウトレットのオン/オフのコントロールする「ロード監視機能」を搭載する。

AP8800シリーズのスペックと価格

 AP8800シリーズは同日出荷で、価格は5万2700円から。AP8900シリーズは、10月出荷の予定。

カテゴリートップへ

ピックアップ