このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

ブラック★ロックシューター&ミク仕様の痛単車がレースに挑んだ!

痛単車もモータースポーツに参戦! 鈴鹿FUN&RUNレポート

2010年08月13日 23時33分更新

文● 中村信博

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ブラック★ロックシューターの痛単車が
鈴鹿の国際レーシングコースを駆け抜けた!

 今年の「萌車ミーティング」(萌ミ2010)で発表された、ブラック★ロックシューター&初音ミク仕様のCBR600RRによる2輪モータースポーツ参戦。ファンによる完全なプライベート体制で、どこまで2輪レースの高みを目指すことが出来るのか。その行方には筆者も非常に興味がわいていたところだが、とうとうその最初の挑戦となる「FUN&RUN 2Wheels」が8月7日に開催されたので、その模様を現地でしっかりチェックしてきたぞ!

 「FUN&RUN 2Wheels」は、モータースポーツの聖地・鈴鹿サーキットで開催されている2輪の競技会。その名のとおりバイクファンが気軽にモータースポーツ気分を味わえるサーキット走行会のようなイベントで、2輪レース界における入門編として高い人気を誇っている。

 いくつかのカテゴリーが用意されているが、「TEAM-VOCALOID & JUDGEMENT 初音ミク」CBR600RRが出場するのは、ナンバーつきバイクの入門カテゴリーとなる「ROAD STAR CHALLENGER 1」クラス。15~20分間の走行枠でアタックしてベストタイムで順位を競う、サーキットトライアル形式のカテゴリーだ。

 これまでは鈴鹿サーキット東コースを使って行なわれていた「FUN&RUN 2Wheels」だが、今回は4年ぶりとなるフルコースでの開催となり、多くのアマチュアレーサーが鈴鹿のパドックに集まっていた。

 鈴鹿での真夏のバイクの祭典といえば「鈴鹿8時間耐久ロードレース」が有名だが、こちらもアマチュアレーサーのあいだでは知られたお祭り的イベントなのだ。

これがTEAM-VOCALOID & JUDGEMENT 初音ミク CBR600RRだ! サイドにはブラック★ロックシューターとレーシングミクが描かれ、リア部分にはレースクイーンのミクが!

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 次へ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社