このページの本文へ

往年の豪華客車「夢空間」が期間限定でカフェに! 

2010年08月17日 18時00分更新

文● 小野坂怜

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今年の夏も鉄道ファン向けイベントが、各地で開催されている。夏休みの風物詩となった「ポケモン・スタンプラリー」を筆頭に、JR東日本の中央線で活躍していた201系車両の引退に伴うグッズと弁当の記念販売や、長野県上田市を走る上田電鉄では現在放映されている「戦国BASRA 弐」の真田幸村をラッピングした車両が登場するなど、正直イベントすべてを回りきれるのが難しいほど多い。
 そんな中、是が非でも行きたいイベントのひとつが「しんみさと夢空間カフェ」だ。

JR東日本が次世代の寝台列車として製造した豪華客車「夢空間」。2008年に引退し、現在はららぽーと新三郷に展示されている。普段は客車内には入れないのだが、今回のイベントで特別に内部を公開している

往年の名車に乗れる千載一遇のチャンス!
車内でのお茶はまさに夢心地!

 これは、埼玉県の「ららぽーと新三郷」で展示されている豪華客車「夢空間」をカフェとして期間限定公開しているものだ。イベント内容としては単純かつ、明確なものだが、「鉄」からすればこれほど魅力的なものはない。なにせ、夢空間は1989~2008年に寝台列車「北斗星」のラウンジカーとして活躍したものだが、一般営業列車として走った回数はデビュー当初を除いて少なく、のべ乗客数が少ない車両なのだ。そして、オリエント急行をイメージして作られた内装は東急百貨店が担当しており、まるで一流ホテルにあるレストランのよう。

昼時を洒落たレストランで過ごしているような感覚にさせてくれる豪華な内装。4人掛け席が3卓、2人掛け席が3卓の18人が最大キャパシティー4人が座れる個室は残念ながら今回は利用できない。期間中は、販売しているお弁当の展示に使われている

 車両自体がとても魅力なしんみさと夢空間カフェだが、「カフェ」として謳うからにはメニューも気になるところだ。用意されているのは、東京と埼玉で販売されている駅弁が6種類と、ソフトドリンク6種類のほか、北海道のキヨスクで限定販売されている「ニセコWater」と「緑茶うらら」などだ。

左上から、Maxランチボックス(800円)、大宮弁当(1300円)、チキン弁当(900円)。左下から、カツサンド(700円)、からあげ(650円)、幕の内弁当(1100円)、上野弁当(1100円)

 また、生ビールや日本酒、梅酒といったアルコール類に加え、からあげや枝豆、ポテトなどのおつまみも販売されているため、ほろ酔い気分で夢空間を堪能できる。

ASCII.jp的にはお約束!?
忘れてはなりません、ウェイトレスさん

 カフェといえば、ウェイトレスさんは切っても切れない関係。もちろん、今回のしんみさと夢空間カフェもちゃんとチェックしてた。常時1~2人のウェイトレスさんがおり、期間中は8人ほどでローテーションするとのことだ。

田中さん(左)とるいさん(右)。田中さんは、なんと普段はOLをされている一般の方だ。るいさんは、秋葉原にある雀荘に勤務しているたかくらるみさん(左)と櫻井ひろさん(右)。たかくらさんは、普段は地下系アイドルとして活動している。櫻井さんは、秋葉原のコスプレ喫茶にお勤めだ

 本イベントは、ららぽーと新三郷にて8月12日~9月16日まで開催する「新三郷 鉄道フェア」のひとつとして実施されている。そのため、しんみさと夢空間カフェも1ヵ月ほど営業している。また、しんみさと夢空間カフェだけでなく、ららぽーと本館では鉄道グッズの販売や写真パネルの展示も催されているので、鉄道マニアならばこちらにも足を運びたいところだ。

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

水着美女×ガジェット=大正義

ピックアップ

デル株式会社