このページの本文へ

ELSA「NVIDIA Quadro 5000」

Fermiベースの「Quadro 5000」採用VGAが約23万円で販売中

2010年08月12日 23時47分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Fermiアーキテクチャを採用した新型GPU「Quadro 5000」を採用したハイエンドビデオカード「NVIDIA Quadro 5000」(型番:EQ5000-25GER)がELSAから発売となった。

「NVIDIA Quadro 5000」
Fermiアーキテクチャを採用した新型GPU「Quadro 5000」を採用したハイエンドビデオカード「NVIDIA Quadro 5000」(型番:EQ5000-25GER)がELSAから発売

 「Quadro 5000」は、DirectX 11(Shader Model5.0)やOpenGL4.0、NVIDIA CUDA、DirectCompute、OpenCL APIなどをサポート。CADやデジタルコンテンツ制作、エンジニア、研究者といった用途向けに開発されたGPUだ。
 発売された「NVIDIA Quadro 5000」の主な仕様は、CUDAコアプロセッサ数が352基、コア/プロセッサ/メモリクロックは510MHz/1020MHz/3000MHz。搭載メモリはGDDR5 2.5GBでメモリインターフェイスは320bit、ECC機能もサポートしている。その他、Quadro SLIや仮想OS環境で2枚のカードを各OSに割り当てることにより、仮想OS下でGPUを利用した3Dアプリケーションが利用可能なSLI Multi OSもサポートしている。ブラケット部はDVI-I/DisplayPort×2。DVI-VGA変換アダプタやDisplayPort-DVI変換ケーブル、電源ケーブルが付属する。価格はT-ZONE.PC DIY SHOPで22万8000円(現在フェア中につき6%OFF)だ。

スペック
「Quadro 5000」は、いわばプロ用のハイエンドGPU。下位モデルに「Quadro 4000」もラインナップされている
スペック
ブラケット部はDVI-I/DisplayPort×2。補助電源は6ピン1本で消費電力は151.7Wとなる

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中