このページの本文へ

Antec「LANBOY AIR」

Antec期待のメッシュケース「LANBOY AIR」が今週末発売へ!

2010年08月11日 22時34分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 これまで、COMPUTEX TAIPEI 2010を始め、幾度となく取り上げてきたAntec期待の新型PCケース「LANBOY AIR」の販売が、いよいよ今週末の14日(土)からスタートする。各ショップに展示用サンプルが入荷したので、一足先に紹介していきたい。

「LANBOY AIR」
いよいよ今週末の14日(土)から販売がスタートするAntec期待の新型PCケース「LANBOY AIR」。予価は2万2800円

 「LANBOY AIR」は「フルモジュラーシャーシ」と「オープンフレームメッシュパネル」で構成される新型PCケース。実際の外観も骨格となるフレーム部分以外は、オールメッシュともいえる非常に特徴的な作りとなっている。
 同社が「アドバンストクーリングシステム」と名付けたエアフローは、搭載可能なファンが最大で15基に達する。標準でフロント120mm×2(ブルーLED/回転数調節可能)、リヤ120mm×1(ブルーLED)、サイド120mm×2(ブルーLED)を搭載するほか、オプション扱いながらサイド120mm×2(CPU/メモリ用)、両サイド120mm×6(HDD用/フロント寄り)、トップ120mm×2を追加で装着可能となる。

サイド
サイドパネルは手回しネジで容易に開閉が可能。120mmファンも多数取り付けることができるが、ホコリ対策にはかなり配慮が必要か?
トップ
トップには持ち運びを容易にする折り畳み式の取っ手を備えている。背面には水冷ホース口やファンコンも用意されている

 ケース全体のサイズは507(H)×222(W)×513(D)mm、重量9.2kg。ベイ数は5インチ×3、3.5インチシャドウ×6、2.5インチシャドウ×2。背面のPCIスロットはマルチGPUにも対応する8本構成で、VGA搭載スペースは406mmを確保。フロントI/Oにはオーディオ各種のほかUSB2.0×2、USB3.0×1を備える。
 カラーラインナップはレッド/イエロー/ブルーの3色。ただし、今のところレッド/イエローの2モデルのみ入荷を確認している。予価は2万2800円。ツクモパソコン本店やTWOTOP秋葉原本店、フェイス秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPなどで発売予定だ。

底面
エアマウントHDDサスペンション。弾力性があり指で押すと簡単に曲がる。底面もご覧の通りオールメッシュとなる

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中