このページの本文へ

まだまだ続くLGA 775、3GHz版「Pentium E5700」が発売開始

2010年08月08日 00時01分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 いったい、いつまでLGA 775対応CPUは発売され続けるのだろうか? 本日8日から、インテルLGA 775対応CPUの新モデル「Pentium E5700」の販売がスタートする。

「Pentium E5700」8日の御前零時に販売解禁となったインテルLGA 775対応CPUの新モデル「Pentium E5700」。アキバでも今日から店頭販売がスタートする

 発売されるのは、インテル製LGA 775対応CPUの新モデル「Pentium E5700」。すでに発売済みの「Pentium E5500」(クロック周波数は2.8GHz)の上位モデルとなる製品だが、LGA 775といえばすでに2世代前のソケット。新型のマザーボードが発売されることもなく完全に旧世代の製品だが、インテルはかたくなにリリースを続けている。
 一応スペックを確認しておくと、FSB 800MHz、クロック周波数は3.0GHz、L2キャッシュ2MBで、S-Specは「SLGTH」というもの。価格および本日から販売予定ショップは以下の通りだ。

スペック
スペック的にはFSB 800MHzでクロック周波数が3.0GHzに到達した点がトピックだろうか。とはいえ、すぐ上位にはFSB 1066MHzシリーズのE6xxxが控えているので微妙なポジションと言わざるを得ない
価格ショップ
「Pentium E5700」
¥7,480TSUKUMO eX.
¥7,580ドスパラ本店
¥7,780TWOTOP秋葉原本店
¥7,800アーク
ソフマップ駅前店
¥8,280クレバリー1号店

カテゴリートップへ

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中