このページの本文へ

4500円を切ったお買い得なGigabyteサブブランドのPCケース

2010年08月07日 22時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 GigabyteのサブブランドとなるGIGAZONEから、安価ながら冷却性能とメンテナンス性を実現したというPCケース「GZ-E1BSDX-H00」が発売となった。

「GZ-E1BSDX-H00」
GigabyteのサブブランドとなるGIGAZONEから、安価ながら冷却性能とメンテナンス性を実現したというPCケース「GZ-E1BSDX-H00」が発売。この価格帯ながら、リヤには水冷ユニット用のホース口も備える
POP
価格は4480円と非常に安価。それでいて、ハイエンドVGAや水冷ユニットの搭載まで考慮されている

 この製品は、同社の“Setto II”シリーズに属するスタンダードミドルタワーPCケース。サイズ185(W)×482(D)×410(H)mm、重量5.87kgのATX/MicroATX対応ケースで、フロントパネルは高級感を演出するピアノブラック調のデザインを採用。通気性を考慮し、フロントトップ部、両サイド部、ボトム部にそれぞれエアインテークを備える。
 ドライブベイレイアウトはツールフリー仕様の5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×5を備え、3.5インチシャドウベイ3段分は着脱式を採用。それにより、奥行きの長いビデオカード装着に対応させた。搭載ファンはリア120mm×1基のみで、フロント120mm×1基はオプション扱い。その他フロントI/OポートにUSB2.0/1.1×2、音声入出力端子を備える。販売しているツクモパソコン本店では価格4480円。電源非搭載ながら、コスト優先のユーザーにとっては有力候補となりそうなケースだ。

内部
内部の様子。ドライブベイレイアウトはツールフリー仕様の5インチ×4、3.5インチ×1、3.5インチシャドウベイ×5。サイドアクセスができる3.5インチシャドウベイ3段分は着脱式を採用し、奥行きの長いビデオカード装着に対応させた

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中