このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC ― 第14回

人気のCore iシリーズだが、AMDプラットフォームも検討しては?

低価格に十分な性能を──HP ProBook 4525s/CTの実用性は?

2010年07月19日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
AMD製CPU搭載で、初期導入コストの安さとパフォーマンスのバランスを兼ね備えたProBook 4525s/CT

 日本HPから登場した「HP ProBook 4525s/CT Notebook PC」は、AMDプラットフォームを採用したビジネスPCだ。

 CPUとして選択できるのは、AMD製シングルコアCPUのV Series V120(2.2GHz)、デュアルコアCPUのAthlon II P320(2.1GHz)、クアッドコアCPUのPhenom II P920(1.6GHz)の3種類だ。

 最小構成はV Series V120(2.2GHz)、PC3-8500準拠のDDR3メモリーを1GB、そして250GBのHDDを搭載する。OSはWindows Vista Home Basicで、価格は6万1950円となる。

「HP ProBook 4525s/CT Notebook PC」。15.6型ワイド液晶ディスプレーで、解像度は1366×768ドット

 今回は最上位構成のモデルをいち早く入手できたので、これを元に評価している。Phenom II P920(1.6GHz)、4GBメモリー、500GB HDDのほか、BDコンボドライブを内蔵している。OSはWindows 7 Professional 32bit版で、この構成の価格は13万1250円となる。

 コストパフォーマンス重視の製品だが、デザインにもこだわりを見せる。天板やパームレストにはヘアライン加工を施したアルミニウムを使い、アイソレーションタイプのキーボードの土台部分は光沢仕上げになっているなど、高級感のある仕上がりだ。

 本体サイズは幅372×奥行き250×高さ39mm(最薄部は27.7mm)で、重量は約2.6kg。また、液晶ディスプレーは15.6型ワイド(解像度は1366×768ドット)という仕様から、デスクトップ代替機として検討する機種になるだろう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp会員サービス デイリーインデックスメール登録

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ