このページの本文へ

ASUSTeK「P7H55-M/USB3」

USB3.0+SATA3.0を追加したASUS製のH55マザーが店頭に

2010年07月09日 23時39分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 最新規格のUSB3.0、SATA3.0インターフェースに対応したASUSTeK製の「H55」搭載マザーボード「P7H55-M/USB3」が発売された。

「P7H55-M/USB3」
最新規格のUSB3.0、SATA3.0インターフェースに対応したASUSTeK製の「H55」搭載マザーボード「P7H55-M/USB3」が発売

 この製品はすでに販売中の「P7H55-M」の機能追加バージョン。NECのコントローラによるUSB3.0×2やMARVELL「9123」によるSATA3.0×2の追加が特徴となる。その他主なスペックは以下の通り。
 micro ATXフォームファクタで拡張スロットがPCI Express(2.0) x16×1、PCI Express x1×2、PCI×1、メモリはDDR3 DIMM×4(DDR3-2200(O.C.)/2133/1866/1800/1600/1333/1066、16GBまで)という構成。オンボードインターフェイスにギガビットイーサネット(Realtek/8111E)や8chサウンド(Realtek/ALC887)、Serial ATA II×6、IDE×1などを搭載。I/O部にはHDMI/D-Subを備える。販売しているのはアークとTWOTOP秋葉原本店、ドスパラ秋葉原本店、T-ZONE.PC DIY SHOPで、価格は1万2980円だ。

I/O部
NECによるUSB3.0×2やMARVELL「9123」によるSATA3.0×2の追加が特徴。I/O部にはHDMI/D-Subを備える

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中