このページの本文へ

早くも2010年のAVアンプラインナップが完成

オンキヨーからAVアンプフラッグシップモデル登場

2010年06月28日 13時10分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 オンキヨーから、同社AVアンプのフラッグシップモデルとなる「TX-NA5008」「TX-NA1008」が発表された。ともに9.1ch出力となる。今回の製品により、同社は他社に先駆けてエントリーからハイエンドまでの2010年AVアンプのラインナップを完成させる。

TX-NA5008TX-NA5008

 8月7日発売のTX-NA5008(予想実売価格36万7000円前後)は、オーディオ回路用の電源トランスとして、大容量のトロイダルトランスを搭載。磁束漏洩が少なく、回路に影響を及ぼしにくい。また、映像回路とデジタル回路用としてそれぞれ独立したトランスを搭載するなど、最上位機種らしい構造になっている。

本体内部前方にある黒い筒状のものがトロイダルトランス。その左右に映像回路用、デジタル回路用のトランスを搭載 電源コネクターは外側からはめ込む形にしたことで強度をアップ。そのために従来あった基板を廃し、コネクターに直接配線している
本体内部前方にある黒い筒状のものがトロイダルトランス。その左右に映像回路用、デジタル回路用のトランスを搭載電源コネクターは外側からはめ込む形にしたことで強度をアップ。そのために従来あった基板を廃し、コネクターに直接配線している
本体左右側面に吸気用のファンを内蔵本体左右側面に吸気用のファンを内蔵

 今回の機種では新たにHDMI 1.4aに対応。3D信号パススルーとARC(オーディオリターンチャンネル)に対応する。加えてPC用映像入力(アナログRGB)端子も搭載した。

「ホームメニュー」で入力情報を表示「ホームメニュー」で入力情報を表示

 下位機種に搭載されていた「ホームメニュー」も新たに実装し、OSD(オンスクリーンディスプレー)によりテレビ画面上で入力信号の確認やサラウンド切り替えなどが行なえるようになった。

TX-NA5008の背面端子部。HIDMIは入力×8、出力×2を搭載するTX-NA5008の背面端子部。HIDMIは入力×8、出力×2を搭載する

 Ethernet端子を装備しネットワーク音楽再生(DLNA)機能も搭載。Windows 7に対応しており、Windows Media Playerなどからアンプのボリュームを調整できたりする。

 そのほか、前面と背面それぞれにUSB端子を搭載し、USBメモリーなどに保存された音楽ファイルを直接再生できる。加えて前面のUSB端子はiPod/iPhoneのデジタル出力に対応する。

 なお、TX-NA5008は搭載されているアップスケーラー(HQV Reon-VXビデオチップ)の仕様上、メニューの透過表示および日本語表示には対応しない。

TX-NA1008の前面(左)と背面(右)。HDMIは入力×7、出力×2で、USB端子は前面のみとなる

 7月14日発売のTX-NA1008(予想実売価格は26万2000円前後)は、大容量のトロイダルトランスやHQV Reon-VXなどは搭載されていないが、HDMI 1.4aへの対応や、USB接続によるiPod/iPhone音楽再生、Windows 7対応などの機能はTX-NA5008と同様に搭載する。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART