このページの本文へ

Lian-Li「PC-X2000F」

Lian-LiのノッポなハイエンドPCケースがリニューアル

2010年06月23日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 縦長の筺体で側面にドライブベイを備えるユニークなPCケース「PC-X2000F」がLian-Liから登場。今週25日から販売が始まる。2008年に発売された「PC-X2000B」の後継モデルだ。

「PC-X2000F」 縦長の筺体で側面にドライブベイを備えるユニークなPCケース「PC-X2000F」がLian-Liから登場
内部
奥行きが通常のPCケースより短い点は従来通り。E-ATXサイズのマザーボードまで搭載可能な内部は、ハイエンドビデオカードも悠々装着可能だ

 内部が上下にエリア分けされた「ヒートゾーン」という特徴はそのままに、改良を施した新モデル。大きな変更点としては、「PC-X2000B」ではトップだった電源搭載部分が、「PC-X2000F」では昨今のスタンダードといえる底面マウントを採用。空いたトップ部は、新たに3.5インチシャドウスペースとして利用されることとなった。
 ついでにベイ数を確認しておくと、側面からアクセスできる5インチベイは4基(うち1基は3.5インチ共有)、3.5インチシャドウベイはトップ部に4と底面部に3の計7基でSerial ATAホットスワップ対応となる。

「ヒートゾーン」
トップ部は、新たに3.5インチシャドウスペースとして利用。電源搭載部分は昨今のスタンダードといえる底面マウントを採用する
サイドパネル
5インチベイの4基(うち1基は3.5インチ共有)はご覧のように取り外しが可能で、組み込みも簡単。またサイドパネルには吸音シートが貼られている

 搭載ファンは全て140mm角タイプで、フロント×3のリヤ×2という構成。E-ATXサイズのマザーボードまで搭載可能な内部は、8基のPCIスロットからフロントのファンまで340mmを確保。ハイエンドビデオカードも悠々装着可能となる。
 その他、2010年モデルらしくフロントI/Oポートには4つのUSB3.0ポートやeSATA×1などを用意。アルミ製となる筺体サイズは695(H)×240(W)×442(D)mmで、奥行きが通常のPCケースより短い点は従来通りとなる。価格はツクモパソコン本店で7万5800円。お世辞にも安いとは言えないが、人とは一風違ったPCケースを使いたいこだわり派のユーザーは注目だ。

リヤ 前面フィルター フロントI/O
搭載ファンは全て140mm角タイプで、フロント×3のリヤ×2という構成。前面フィルターは取り外し可能で掃除も楽そうである。またフロントI/Oポートには4つのUSB3.0ポートやeSATA×1などを備えている

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中