このページの本文へ

MARKETING プロが教えるデジカメ撮影テクニック ― 第5回

人物を魅力的に撮影する!超簡単な6テクニック

2010年06月17日 11時00分更新

吉田陽一/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 5月20日に弊社から刊行されたプロが教えるデジカメ撮影テクニック(著者はプロカメラマンの三浦健司氏)という書籍を担当した吉田です。鬼のような上司から「Webで宣伝しろ」と言われたのですが、ただの宣伝なんて誰も読んでくれません。今回はプロカメラマンの三浦健司氏に、人物の上手な撮り方について話を聞きました。


女性は「やわらかい光」で「若く」撮れ

吉田:先日、知人のパーティで参加者の撮影を頼まれたんですが、写真を送ったら評判悪くて……。なんでも女性陣が老けて写っていたので皆さんおカンムリだったとか。

三浦:ははは、女性は若く撮らないとダメだよ。試しに写してみてよ。

吉田:はい。ではこのコンデジで……。

作例

吉田:キレイに撮れたと思います。

三浦:(この女性がどこから現れたのかわからないけど)この写真のどこが悪いかわかるかい?

吉田: え、ダメなんですか!

三浦:コンデジ内蔵ストロボの強い光で撮っているのでほうれい線などが写ってしまっているし、首筋が陰になっていて若さが感じられない写真だよ。

吉田:そうですか……。

三浦:じゃあ、私が撮ってみよう。

作例

吉田:顔が明るくなりましたね。

三浦:ほうれい線やしわも出ないように撮っているんだ。

吉田:どうすればいいんですか?

三浦:しわやほうれい線を写さないためにはやわらかい光を当てること。これが若々しく撮るためのテクニックなんだ。

吉田:やわらかい光の作り方は、『プロが教えるデジカメ撮影テクニック』を読んでくださいね!


■Amazon.co.jpで購入

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング