「はやぶさ」の夢は続く、開発者が考えるその先にあるもの

文●秋山文野 撮影●小林伸ほか イラスト●shigezoh 協力●JAXA/ジャンプトゥスペース

2010年06月17日 12時00分

■前回までのあらすじ

 イオンエンジン累積運転4万時間の旅を終え、「はやぶさ」は還ってきた。記事掲載時には結果が出ている、再突入とカプセル回収だが、直前の段階では、関係者も準備に追われていた。回収に協力するNASA SETIグループの担当者が「リングサイドで見物する」と楽しみにしていた再突入の裏側には、宇宙を経由する輸出入手続きがあったのだ。


 2010年6月13日、「はやぶさ」は再突入カプセルを分離し、その後大気圏で燃え尽きる。幾多の困難に見舞われトラブル続きのようにも見えたが、下記の表を見る限り、それでも「はやぶさ」は(記事作成時点では再突入前だが)ミッションをほぼすべてこなしていることがわかるだろう(表の点数は川口PMの採点)。


「はやぶさ」のミッション達成度

達成/イオンエンジン稼動開始(3台同時は世界初) 50点
達成/電気推進エンジン1000時間稼働 100点
達成/地球スイングバイ成功 150点
達成/自律航法にてイトカワとランデブー成功 200点
達成/イトカワの科学観測成功 250点
達成/イトカワにタッチダウンしてサンプル採取 275点
達成/カプセルが地球に帰還、大気圏に再突入して回収 400点
イトカワのサンプル入手 500点

「はやぶさ」ミッションの終わりはどこ?

 人によっては、それは帰還と再突入になるだろう。しかし、そこから小惑星のサンプル分析、研究がスタートする人もいる。


吉川 本当に「はやぶさ」は世界初なんですよ。月以外の天体に着陸して、そして離陸して戻ってくるのはアメリカですらやっていない。

 そもそも、何かの天体に行って、戻ってくるということ自体、スターダスト、ジェネシスに続いて「はやぶさ」で史上3例目。2つが着陸せずフライバイで戻ってきただけであるのに対し、「はやぶさ」はあの小さな探査機で着陸・離陸ですから。


サンプルは「ない」ことを確認するのもひと苦労

安部 「はやぶさ」ミッションにはいくつもの山があって、私にとっては、観測してひと通りの情報が揃って「イトカワというのはこういうもんですよ」ということを論文としてまとめた、それがひとつの区切りです。

 その後、探査機が実際に小惑星に行って、近赤外線分光器でのデータが取れて、また、まとめの論文が書けたことがもうひとつの大きな区切りでした。それで私はだいぶ満足していますが……。

 しかし、そうは言いながらも今度は「はやぶさ」の帰ってきた後のカプセルを開封して、サンプルを取り出して観察して分析に回す、あるいは保管する。こちらの仕事をやり始めたので、その作業がある程度区切りがつかないと、私としては「はやぶさ」はまだ終わりじゃない。

 サンプルが入っていなければそこで終わってしまうかもしれませんが、「ない」と発表することもなかなか難しい作業で、すぐには言えないんです。本当にないんですか、全部探しましたかということを確認しないといけない。

 あったらあったでそれを、貴重なサンプルが地球の大気に触れないように扱う、なくさないように扱うという非常に重要な作業がありますから、それをきちっとやりこなして、分析する人に渡す。また、そのデータをアーカイブして、世の中の人みんなが理解できるように整理する……1年では済まないような作業があると思っています。


齋藤 もともと東大に入ったのは、惑星探査がやりたかったからなので、研究室で指導教官にすぐ「惑星探査の研究会があったら紹介してください」と言いましたし。

 アポロ11号を生で見て、その後バイキングにも、ボイジャーにも惹かれてましたから、もう惑星探査はライフワークですね。その物語がひと区切りします。もちろん、まだまだ続きますけどね。サンプルのキュレーション結果を受けて、初期論文が出てきて、ミッションの最終報告書が出てきたら、ひとつの終わりと言えるのかな。


藤原 (「はやぶさ」帰還にあたっては)何もないです、というとおかしいですけど、ただ祈るだけです。もう本当に。それ以外ないです。まあ、だけどね、本心を言うと、帰ってくるとは思ってなかったという人が多いんじゃないかな。カプセルを担当していた人あたりは、内心は出番がないかも、と思っていたのでは。そのくらい難しいことに挑戦したと。そういうことですね。


川口 昨年の11月にエンジンが不調になったときには、まあ申し訳ないな、というのがありましたよね。映像作品「はやぶさ Back to the Earth」とか、せっかく作ってもらったのに申し訳ないと。

 もっとも、周りからプレッシャーを感じて運用しているというよりは、自分たち自身への挑戦というんですかね。「惜しくも……」なんて話はしたくもない。何が何でもという風に思わないと。そういう意味の甘さがないようにはしようと思ってますよね。

「はやぶさ」を継ぐもの

 「はやぶさ」のミッションは、探査機から小惑星サンプルの研究へ移行していく。探査機としては、後継機「はやぶさ2」構想がある。イトカワとは組成が異なるタイプの小惑星「1999JU3」からのサンプルリターンを目指して、2014年打ち上げが目標だ。


吉川 1999JU3は、地球と火星の間にあり、ほとんどイトカワと同じ軌道。地球に接近する小惑星です。「はやぶさ2」は探査機の規模がほとんど「はやぶさ」と同じなので、あまり遠くへはいけません。

 打ち上げはH2ロケットなので、搭載量は大きくなりますが、そのぶんの開発をやっている時間がもうないですし、ターゲットマーカとか、「はやぶさ」で培った経験はそのまま活かしたほうがいい。観測装置などは若干変わりますし、アンテナがおわん形からフラットになって見掛けも少し変わってますけど、その程度です。「はやぶさ」で問題があった点を直し、より確実なミッションにするということですね。


生命の起源に迫る、「はやぶさ2」

 イトカワのS型、1999JU3のC型など、目的の小惑星にはいくつかタイプがある。組成によって分けられ、C型は炭素を含んでいる。


吉川 「はやぶさ」のときは、目的地は必ずしもイトカワでなくてもよくて、何かの天体に行って戻ってくればよかった。しかし「はやぶさ2」では、科学的に行く意味のある天体を選びたい。小惑星探査の一番大きな目標は、太陽系誕生時の状況を知りたいということですし、生命の起源も知りたい。

 太陽系が生まれるときには原始太陽系成分というガス――ほとんどは水素とヘリウムです――が太陽になった。そして、残った岩石などの物質から惑星ができた。そこにはすでに有機物があったのですね。その有機物が生命を作る元になったわけです。それを調べ、生命の起源に迫ろうというのが「はやぶさ2」の目的。C型小惑星は有機物をたくさん含んでいる小惑星ですから、目的地として選ばれたわけです。

 「ミネルバ2」もぜひやりたいですね。「はやぶさ」のとき、ミネルバが表面に落ちなかったことが唯一残念なことでしたから。さらに、「はやぶさ」にはなかった衝突機というのも持っていきます。

 「はやぶさ2」ももちろん表面物質のサンプルは取るのですが、さらにそのあと、衝突機という機構を切り離します。降下している間に「はやぶさ」は退避。衝突機で人工的なクレーターを作るんです。まずはそのクレーターを観測し、そしてクレーターの中、地下のサンプルを採ります。これが新しい点ですね。小惑星の表面も、太陽の光や隕石の衝突で変質しているので、地下の変質していない物質を取りたいと。


期日が迫る「はやぶさ2」計画

 「はやぶさ」が築いた、探査機開発・運用の世界トップレベル技術。これを散逸させないためにも「はやぶさ2」の開発開始が必要だ。デッドラインはもう今年に迫っている。


吉川 「はやぶさ2」は、2014年、遅くとも2015年に打ち上げる必要があります。いずれにしても、今年から開発を始めないと間に合わない。残念ながら今年は予算がつかなかったので、制作には入れず、ごく小さな予算で研究的に始めています。

 少なくとも来年度からは本格的に制作に入りたいし、今年中に先行して時間のかかる部品は発注しないといけない。来年度の概算要求に向けて、「はやぶさ2」プロジェクトを入れてほしいと思っています。せっかく探査機の分野では世界最先端をいっているわけですから、これをぜひ日本の特徴として育てていきたいですよね。そのためには次に伝えないと。

 アメリカもヨーロッパも同じようなミッションを考えています。アメリカは大きな天体にばかり行っていた。

 ところが、日本がイトカワのような小さな小惑星に行ってみたら、非常に面白かった。そのことがわかっちゃったわけです。ここで日本が「はやぶさ2」をやらなかったら、アメリカがやってしまいますよ。

 せっかく日本が最先端を行ったのに、アメリカに追い越されてしまう。別に競争だけが大事ではないですが、最先端のことをやっている、というのはとても大事なことです。やっぱり一番じゃないとだめなことはあるんですよ。

 皆さんが興味を持ってくれれば、予算を付ける側も検討に入ってくれると思うのです。「はやぶさ」が受けた理由は誰も行ったこと、見たことがない天体に行ったというのが大きいと思うんですよ。こういう、行ったことのない天体というのは、本当の冒険ですよね。冒険をぜひ失わないでいたいですね。

NASA相手でも“ある分野では勝っている”が重要

 アメリカに比べたら、日本の宇宙予算は1/20くらいしかありませんから、すべての分野でアメリカに勝たなくてもいい。ただ、ある分野では勝っている、ということが重要。「はやぶさ」の予算は、探査機が約120億で、後は90~100億ほど。「はやぶさ2」でも、衝突機の部分でプラスアルファくらいです。

 それに比べて、アメリカやヨーロッパの予算では、人件費込みとか計算の基準が違う部分はあるにせよ、日本円で7~800億です。探査機本体の部分だけでも2、3倍ではないでしょうか。いかに日本の計画は格安かということですよね。

 さらにそのヨーロッパと共同で、「はやぶさマークII(マルコポーロ)」という計画もあります。「はやぶさ」の3倍くらいある大型の探査機で、イオンエンジンを6基積み、さらにそのひとつひとつが「はやぶさ」のイオンエンジンの4倍くらいあります。

 こうした探査機で、より遠くの天体からサンプルリターンを行ない、太陽系誕生時の物質をさらに調査しようと。もっと大型のローバもやりたい。これは、「はやぶさ2」の次にやりたいミッションなんです。そのためにも、まず「はやぶさ2」を実現したいですね。

次の探査、次の人材へ

川口 「はやぶさ」の次もありますし、もっとたくさん打ち上げられればいいのに、新しいミッションを続けていければいいのに、とも思ってます。まあでも歳がねえ。あと8年くらいしか僕はいられない。

 だから、世代を交代していかないと。自分のところでクローズする、8年とかで閉じるような話はもう無理なんですよね。もう十数年続けば自分のところでクローズできるかもしれないけど、開発するだけでも数年かかるし、飛んでまた数年かかるわけだし。

 だから、伝えていかざるを得ないでしょ。やらなきゃいけないことですよね。リセットされて十数年前に戻ってしまうのではだめ。立ち上がった上に足していかないと。


矢野 (2005年、第一回タッチダウンでスーパーバイザーを務め、探査機上昇のコマンドを決定したとき)振り返って考えると、僕が間違った答えを出していたら、川口先生がちゃんと修正したんだと思います。

 川口先生というシステム工学のプロ中のプロと、衛星を知り尽くしたメーカーの方が同じ答えを出しているわけですから。あのときは、たまたま僕も同じ答えだった。

 でも、僕にそれを考えさせるチャンスをくれた。あのピンチのなかでも川口先生は人を育てようとしていた。リーダーとして凄い人だと思います。

 「はやぶさ」は工学試験衛星です。それはつまり次を想定しているわけですよね。「はやぶさ」の技術を使って、次を作っていかなければいけない。それが「はやぶさ」の使命なんです。

 僕は科学者ですが、科学者にもそれを体験させるということを、あの場でも川口先生は思っていたのかもしれない。「はやぶさ」後継機のプロジェクトが始まったとしたら、常に僕はあのときの体験を心において運用するのだと思います。そういう意味ではすごい財産をもらいましたね。


「真田さん」と呼ばれて

 「はやぶさ」といえばネット人気、応援コンテンツの多さも話題だ。「はやぶさ」自身、「Hayabusa_jaxa」の名前でTwitterアカウントを持ち、宇宙機一人称ツイートという文化(?)があることを教えてくれるなど、「はやぶさ」とネットの親和性は高い。プロジェクトメンバーは、こうした人気をどう見ていたのだろうか。また、公式非公式を問わず、応援の盛り上がりは何につながっていくのだろうか。


吉川 ある意味非常に予想外。でも嬉しいですね。できるだけみなさんに親しんでもらえるよう、我々も努力はしていたつもりですが、ここまでとは。動画でいくつか非常に面白いのがありました。「宇宙戦艦ヤマト」にたとえたのとか、面白くうまく作ってくれて。多少の間違いはあるにせよ。

 ただ、リチウムイオン電池に関するシーンの部分では、実際の担当者が「なんでこのキャラクターがバッテリ担当なんだよ~」と嘆いていました(注:宇宙戦艦ヤマトの登場人物、佐渡酒造が登場する)。……でも案外似てると思うんですよ、私から見ると。こんなこと言うと怒られてしまいますけどね(笑)。


安部 FLASHムービーとか沢山出てきて、あれはすごくよかったと思いました。さだまさしの「案山子」が流れるのとか。あと、「はやぶさ」を擬人化して、女の子が豆腐を抱えているイラスト、ボロボロになりながら大事なイトカワのサンプルを持って帰ってこよう、という(おつかいできた)。あれは非常に好きですね。

 最近だと宇宙戦艦ヤマトのパロディ「こんなこともあろうかと」っていうのもありましたよね。ウチの家族にも見せたくらいです。


國中 私は、イオンエンジンという技術を開発していく立場と、「はやぶさ」プロジェクトをステアして、ミッションを成功の方向に導くという立場です。

 たとえばエンジンが壊れそうになったら、それまでの知見や技術を駆使して直すわけで、そうした活動をまとめて「真田技師長」とおっしゃっていただけるのであれば、非常にありがたいことだとは思います。

 とはいっても、探査機というのはいろんな部品・技術で構成されていて、そもそもエンジンが動くためには正しく姿勢が制御されていないといけない。電力も正しく供給されないと動かない。エンジンは最末端の部分、最後の出番ですからね。

 注目はされやすいですが、それ以外の部分が動くからこそイオンエンジンも動ける。さまざまな技術、技術者によって支えられている。特定の誰かが技師長になっているわけではないです。いろんな人の活動を合成した人間像だということですよね。


齋藤 一般の方にこれほど受けたミッションというのは珍しいな、という気持ちは持っていますね。

 2005年の「はやぶさ Live blog」で栄養ドリンクのビンが増えていくくだり、あれは泊まり込みで大変だからと、2箱買ってきたんですよ。で、箱を台にしてその上にキーボードを置いてブログを書いていたんです。

 順次飲んで作業していたのですが、「はやぶさ」からの写真は定期的にしか降りてこないから、間が持たないんですよね。

 それで寺薗君(元カメラ科学観測及び広報担当 寺薗淳也氏)とふたりで「じゃあブログ書いてる風景でも撮りましょうか」「何か面白いことしないとね」「ビン並べようか。どうせ増えていくし」って。それでだんだん数が増えていって、最後は10本並んでいるわけです。

 アポロの時代だったら、あれは多分、灰皿にどんどん煙草の吸殻が積み上がっていくさまだったと思いますけど、今の運用室はもう禁煙ですからね。


矢野 運用している僕らは、実はあの栄養ドリンクの空きビンとか知らなかったんですよ。タッチダウンのときは限られた人数でずーっと付きっきりなので。

 そして本来、運用室と管制室では飲食禁止なんです。ああいったことから一般の方が興味を持ってくれたのならありがたいことですね。ただ、あれが運用の普段の姿だというわけではないですよ?


國中 応援していただけることは大変ありがたくて、我々も勇気づけられます。応えられるようがんばれますしね。他方で、オーストラリアでカプセル回収の作業をする我々はフォーリナー、ストレンジャーという立場になります。日本にはないしきたり、習慣、法律があるので、我々が活動するには、それなりの調整をするわけです。

 ですから一般の方が見学で立ち入り禁止区域に行かれたりすると、いろいろ問題が起きるのでは、ということをかなり心配しています。何かの間違いが起きてしまったら、大変ネガティブなことになるので。宇宙科学技術のファンでいていただけることは、我々も非常に勇気づけられるのですが。


藤原 まず正しい情報がきちんと伝わって、正しく評価されていくことが必要ですよね。我々もそういう意味では責任を持って対応したいと思います。しかし一方で、簡単にアクセスできるネット上で、支持していただける層が広がるということは、宇宙科学を進めるほうにとっても、非常に心強いという気がします。

物語になった探査機ミッション

 ネットはもちろんだが、「はやぶさ」の場合、全天周映像「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」といった映像作品が各地の科学館で公開されるといった盛り上がりも見せた。

吉川 いつも宇宙研では、ミッション紹介ビデオを作るんですけど、リラックスして見られるのにしましょうと私が提案したところ「祈り」というコンテンツが誕生しました。それがまた発展しまして、大阪市立科学館などで上映されている「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」につながっていったわけです。

 2作品を比べると、「祈り」のほうではカプセルについてのみ言及していて、本体は何も触れてないんですよ。

 ところが、「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」では本体も突入してばらばらになってしまうシーンをぜひ入れたいと。どうしようかと考えたのですが、川口先生は「いいだろう」ということなので、こちらは最後にばらばらになるシーンが入ってます。これだけ物語的になった探査機ミッションというのもなかなかないですよね。


安部 ミッションの成果を1か0かで見られてしまうのは非常に辛いものがあります。「はやぶさ」の場合、目的はサンプルリターンだけはでなく、工学的な技術を実証するということがあるわけですから、(評価は)1か0ではなくて、ある部分はもう成果を上げているわけです。

 実証と同時に、問題は起きたけどそれを克服して進み、またひとつ進み、とやってきたことを評価してもらっているので非常にありがたいです。


矢野 一般公開日に小さいお子さんが寄せてくれるメッセージもすごくうれしいですね。

 僕も小さいころ、スペースシャトルを見て、人間が普通に宇宙に行ける時代になったんだとか、新聞の1面にボイジャーが撮った木星や土星のカラー写真が載っていて、人間の作ったものが太陽系を旅して新しい知見を増やしていくって凄いなあと思っていました。

 太陽系は惑星だけじゃなくもっとたくさんの仲間がいて、その小さい天体こそが、地球の命の源を知る上で重要なんだと気づいてくれたら。ちゃんと「はやぶさ」をフォローしてくれている子は、もうそういうのがわかるんですよ。小惑星や彗星の価値を、小学生でも「はやぶさ」を通じて知っている。

 あと10年くらいして、その子たちが『自分は小学生のときに「はやぶさ」を見てこの道に進みました』と言ってくれたら、「はやぶさ」の価値は十分にあったと思います。林業みたいに、次世代、次々世代につないでいくことを意識してやっています。


川口 このプロジェクトが目指したものは、もちろん技術実証もありますが、人材育成なんですよ。若い方に刺激を与えること。子どもさんであれ親御さんであれ、関心を持ってもらえれば。この後、宇宙を目指さなくても、どんなジャンルでも新しい知的な挑戦を目指すようになれば、なによりだと思うんですよね。


的川 「はやぶさ」を見た若い人たちが、特に宇宙の分野でなくてもいいですけど、また違った分野でもそういう世界を求めて、人と人とが力を寄せ合って、大きな仕事を一緒にやっていく、その素晴らしさを感じ取っていただけたらと。


「はやぶさ」の飛ぶ先、そのまた向こう

 プロジェクト開始から15年、その前段階である研究からすれば20年以上「はやぶさ」にかかわってきた、プロジェクトマネージャの川口氏をはじめとするメンバーたち。「はやぶさ」ミッションのその先に、何を見ているのだろうか。


川口 「はやぶさ」はあんな小さな機械ですけど、もっと冗長性を入れてね、ひとつ壊れても次のバックアップがあるようにしていくと、大きくなって宇宙船になったら人間も乗れる。そうなれば今までとは違う運用方法があるわけですよ。

 私よく言ってるのはラグランジュポイント、地球の引力圏と惑星間との境に大きな港を作るわけです。そこから出て行って、また戻ってきて、燃料のキセノンガスなりなんなりを入れて、また飛び出していくという運用は、もうできるんですよ。

 地上から打ち上げると、地球の重力はすごく大きいから、とんでもなく大きな推力に耐える頑丈な機体でなければならない。だけどラグランジュポイントにある港から出入りする宇宙船というのは、箱をつないだような宇宙船でいいわけで、ロケットとはまったく違う宇宙船が運航されるはずですよね。

 もうそういう時代は来てるんだけど、なかなかそこまで話が大きくならない。もう数十年もかからないと思いますけどね。そういう時代になれば、太陽系のなかで資源を求めて歩くといったことも現実的ですよね。小惑星に人が長期間滞在して戻ってくるとか。


吉川 イトカワのようなS型、「はやぶさ2」の目的地であるC型小惑星のほかに、M型小惑星というのがありまして、こういうところに行ってみるのも面白い、人類の宇宙活動に役に立つかもしれないんですよ。M型というのは、金属で出来ていると言われているんです。

 惑星に成長してきて、いったん溶けて中心部に鉄のコアができ、そこに別の天体が衝突してばらばらになったものですから、表面に鉄のコアが現われている。地球の鉄のコアには、人は絶対たどり着けませんけど、そういった天体を調べれば、惑星の中心がどうなっているかわかる。資源として使える可能性だってあります。


的川 一般の人たちに比べて、政治家、お役人さんはどうもそれほど宇宙に関心がないというか……日本の将来にとって、宇宙が非常に重要な分野だと思っている、というようには私には感じられないですねえ。残念ながら。

 アメリカにしろ中国にしろ、宇宙先進国の元首というのは、必ず宇宙開発について演説で触れますけど、日本の総理大臣の演説には出てこない。

 「はやぶさ」1機が120億くらいですけど、120億であのミッションを作ったというのは、世界から見れば驚異で、アメリカで同じものを作れば500億はかかる。

 お金がないなかであれだけのものを作っているというのは、非常に尊いわけで、イトカワに着陸・離陸した時点で大きな成果を上げたという判断はすでに下っていると思いますね。


川口 宇宙開発が始ってまだ50年くらいしか経っていません。(ひとつのプロジェクトに)何十年もかかるというのは錯覚です。宇宙開発そのものの目的、ゴールにポリシーがないからですよ。ポリシー、国として宇宙開発に何を期待するかということがはっきりしていれば、それでいいわけですよ。

 即物的な、資源の調査だったり、地球観測だったりすぐ役立つものばかりを期待していると、あまり惑星探査なんかするなよ、になっちゃいますよね。役に立つもの以外はいらないと思ってしまったらもう先はないです。

 宇宙開発で何が大事かというと、すそ野が広い総合科学技術活動ですから、研究開発だけじゃなくて、ほかの産業にも刺激を与えていく、インセンティブなんです

 そこへ引っ張っていくための政策なんだ、というように考えない限り、宇宙開発を進める理由がないと思いますよ。投資リスクがあるなら国際協働もあるかもしれません。どんなメリットがあるかを政策として意識しないと続けられなくなりますよ。


終わりに

 打ち上げから数えて7年にわたる日々について伺ったところ、インタビューもこのように長文となったが、今回で本記事も最終回となる。

 帰還直前、再突入とカプセル回収の準備でお忙しく、また連日のメディア対応だったというなか、取材に応じていただいたJAXA 宇宙科学研究本部の皆さま、またすでにJAXAを離れ、大学で研究・教育にあたられるなか、快く取材陣の訪問を許してくださった方々にも心より御礼を申し述べたい。ありがとうございました。

 また、今回インタビューした方々だけでなく、「はやぶさ」プロジェクトにはもっと多くの部門、メーカーの方が関わっている。そうした方々に、「はやぶさ」との長きにわたる日々を語っていただくことができなかったことをお詫びするとともに、さらなる機会を期したい。


■関連サイト

■関連記事