このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 ― 第18回

Windowsユーザーが気兼ねなくMacに乗り換える技

2010年06月15日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Macは怖くない!
Macは怖くない!

 昨年頃からMacの普及に拍車がかかっている。iPhoneとiPadの人気も引き金になっており、ユーザーが増えているのだ。確かにネットやメール、そしてiPodやiPhoneとの連携だけならMacで問題ない。しかし、Windowsを長年ヘビーに使っているユーザーは、選択肢に入れることさえなかった。多くの人は今でもそうだろう。

 しかし、時代は変わっている。意外と(失礼)Macの進化は進んでおり、もはや「そろそろWindowsじゃなくてもいいかな」と思えるようになった。そこでWindows 3.1からのWindowsユーザーである筆者が、Macを使ったことはないが買い換えに迷っている人のために、背中を押して差し上げよう。


MacBook Proは安くてスタイリッシュ

 かつては「Macは高い」というイメージがあった。しかし、それもここ数年で大幅に値落ちしており、手が届くどころかお得なレベルになっている。例えばMacBook Proなら、13インチモデルが11万4800円、15インチが16万8800円、17インチが21万8800円から購入できる。強力なインテルCPUを搭載し、最新モデルはGPUも高性能になっている(関連記事)。

 その中でも、筆者がコストバランスに優れていると思ったのが、15インチのCore i5モデル。HDD容量が320GBだが、17万円以下で手に入る。性能は全体的に高く、ヘビーな作業でも軽々こなせる。Core i7モデルはさらに強力で、SSDにすればより高速だが、さすがに高すぎるように感じる。予算があるなら文句なしにお勧めだが……。ちなみに、予算がないならMacBookを選ぶ手もある。性能は控えめだが、9万4800円からと格安だ。

MacBook Proシリーズ
MacBook Proシリーズ

 ASUSTeKやAcerなどからは、同程度のスペックで10万円前後と安いモデルも発売されている。しかし、東芝やソニーといった国産の高性能モデルと比べると同程度の価格帯だ。価格でMacを避ける必要はない。

 Macを選ぶ理由として、筆者にとって一番大きい理由は「美しいから」だ。圧倒的にスタイリッシュなプロダクトデザインは、「使う喜び」という普通はあまり意識しない価値観を思い出させてくれる。「Macは格好いいから買う」。理由なんてこれでいいと思う。

デザイン性で肩を並べるパソコンはない デザイン性で肩を並べるパソコンはない

 Macを選ばない理由として、価格以外にもハードルはある。ウェブやメールなど普段の作業は問題なくできるのか? 手持ちのWindows用周辺機器は使えるのか? マイクロソフトのOfficeは使えるのか? などなど。結論から言えば、基本的に問題なし。MacBook Pro 15インチモデルを使っている筆者の環境をベースに、それぞれチェックしてみよう。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART