このページの本文へ

マルチタッチ対応モデルも用意

レノボ、スタイリッシュな企業向け一体型PCを発表

2010年06月11日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 6月10日、レノボ・ジャパンはエンタープライズ向けデスクトップPC「ThinkCentre M90z All-In-One」(以下、M90z)を発表。同日より販売開始した。

エンタープライズ向けデスクトップPC「ThinkCentre M90z All-In-One」簡単に内部にアクセス可能なツールレス筺体デザイン

 M90zは、Core iシリーズプロセッサーを搭載し、vProテクノロジーにも対応したエンタープライズ向けオールインワンデスクトップPC。ディスプレー一体型の筺体を採用することで配線が少なく、さらにオプションのワイヤレスキーボード・マウスを使用すれば、オフィスでの机上スペースを有効活用できるのが特徴だ。

 Core i5-650(3.2GHz)vProやCore i3-530(2.93GHz)に対応し、チップセットはインテルQ57 Expressを採用。メモリはPC3-10600(DDR3 1333)に対応し、最大容量は8GB(4GB×2)、HDDは320GB。初期導入OSはWindows 7 Professional(32ビット)、Windows XP Professional(32ビット)。ディスプレーは23型(1920×1080ドット)で、最上位モデルのみマルチタッチ対応となっている。価格は、Core i3-530、2GBメモリ、HDD320GB、マルチタッチ非対応モデルの最小構成で14万7000円、Core i5-650(3.2GHz)、2GBメモリ、HDD320GB、マルチタッチ対応モデルの最上構成が16万3800円。

■関連サイト

カテゴリートップへ