このページの本文へ

COMPUTEX TAIPEI 2010レポート ― 第22回

早くこい!6コア対応AM3最強スペックのMini-ITXマザーを発見

2010年06月08日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マザーボードにおいては正直なところ、それほど目新しさは感じることのできなかった今年の「COMPUTEX TAIPEI 2010」。とはいえ、AMDプラットフォームの製品で気になるモデルが2つほどあった。いずれも国内では人気となりそうなモデルなので、ここで予習の意味も含めて紹介しておきたい。

ASUSTeK

「M4A88T-I Deluxe」
ASUSTeKブースで展示されていたSocket AM3対応のMini-ITXマザーボード「M4A88T-I Deluxe」

 TICC(台湾国際会議センター)に大きなブースを構えていたASUSTeKでは、Socket AM3対応のMini-ITXマザーボード「M4A88T-I Deluxe」が展示されていた。チップセットに最新の「AMD 880G」を採用する製品で、ご覧のようにUSB3.0も用意されている。残念ながらSouth bridgeが旧世代の「SB710」となるために、SATA3.0への対応は見送らなくてはならないが、無線LANを搭載するなど要所は抑えてある印象だ。

「M4A88T-I Deluxe」
USB3.0や無線LANなどは搭載するがSouth bridgeが旧世代の「SB710」となる点は少々残念。価格を抑えて発売してほしいところ

J&W Technology

「MINIX 890GX-USB3」
ハッキリ言って欲しいと感じたユーザーも多いと思われる、Socket AM3対応Mini-ITXマザーとしては最強仕様のモデルとなりそうな「MINIX 890GX-USB3」

 一方、TWTCN/南港展覧館にブースを構えるJ&W Technologyでは「AMD 890GX」を採用するMini-ITX対応マザーボードを発見。「MINIX 890GX-USB3」という製品で、名前の通りNECチップによるUSB3.0もサポートされている。
 チップセットが「AMD 890GX」ということで、組み合わされるSouth bridgeはもちろん「SB850」となり、これによりPhenom II X6をサポートするほかSATA3.0を4ポートも搭載。その他、PCI Express(2.0) x16×1や8chサウンド、ギガビットイーサネットなどを備える。なお、I/O部の出力にはVGA/DVI/HDMIを搭載する。発売されれば、Socket AM3対応Mini-ITX対応マザーとしては最強仕様のモデルということで、人気を集めそうな製品といえそうだ。

デモ
J&W Technologyでは実際にMini-ITX対応ケースに搭載した状態でのデモを実施中。6コアはTDP 95Wまでというのが公称スペックだが、普通に(TDP 125W)「Phenom II X6 1055T」を搭載していた。まぁ動くという理解でいいのだろう

【関連サイト】

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中