このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

いま旬のビジネスPC第9回

1920×1080ドットで、サクサク業務遂行

最新vPro対応のフルHDノート「LIFEBOOK E780/A」を試す

2010年06月08日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月13日、富士通は企業向けデスクトップPC「ESPRIMO」、ノートPC「LIFEBOOK」のラインアップを一新した(関連記事)。そのなかで今回レビューするのは、大幅にリニューアルされたEシリーズの「LIFEBOOK E780/A」(以下、E780/A)だ。

 特徴としては、CPUとしてCore i3から同i7まで選べる選択肢の豊富さや、1920×1080ドットのフルHD液晶ディスプレー、リモートでクライアントPCの運用管理が可能なvProテクノロジー(以下、vPro)、暗号化機能付きのSSDを搭載できることが挙げられる。

 企業ユースを考えつつ高負荷処理にも耐えるハイパフォーマンスノートPCを探しているユーザーには気になる製品だろう。

新たにラインアップに加わった「LIFEBOOK E780/A」

15.6型液晶ディスプレーはフルHD解像度に対応

 E780/Aは、A4ワイドサイズのノートPCで、重量は光学ドライブ搭載した場合約2.7kgとなる。社内は苦ではないが、社外へ持ち運ぶとなるとさすがに厳しい。ゆえに、基本はデスクトップPC代替機として十分に役割をこなせるかが重要になる。

 そこで魅力となるのが、1920×1080ドットという解像度だ。複数のウィンドウを開いても、重なる部分が少なく見通しがよいのはありがたい。Webブラウザを参照しつつ、ワープロソフトで文書を作成するといった作業もしやすい。

 高解像度を実現しつつ、液晶ディスプレーのサイズ自体は15.6型であることもポイントだ。現状、デスクトップ用では21.5型ワイド以上の大型液晶ディスプレーでないとフルHDに対応した機種がない。しかしE780/Aであれば、机に大きなスペースがなくても高解像度のデスクトップ環境を実現できる。

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ