このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

COMPUTEX TAIPEI 2010レポート ― 第10回

Moorestown搭載スマートフォンをインテルが披露

2010年06月03日 13時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 COMPUTEX TAIPEI 2010レポートの第2回でも触れたように、今年のCOMPUTEXでのインテルの主役はAtomプロセッサーである。2日に開かれたインテルのウルトラモビリティーグループによる記者説明会では、超低消費電力型Atom「Atom Z600」シリーズを使用する、スマートフォン/携帯インターネット端末向けプラットフォーム「Moorestown」を搭載した、スマートフォン型端末などが披露されていた。

 おそらく年内にも登場するであろう、Moorestown搭載の携帯端末を先取りするこれらのデモ機を見てみよう。


Aava Mobileの開発キット Virta

Aava Mobileの「Virta」 Aava Mobileの「Virta」。基本的にデベロッパー向けの開発キットという位置づけのようだ

 記者説明会のデモショーケースでは、Aava Mobile社の開発したスマートフォンタイプのMoorestown搭載端末「Virta」が多数出展され、自由に触れるようになっていた。冒頭の女性が持っているのがそれだ。

 元々Virtaは一般消費者向けにこのまま販売される機器ではなく、Androidベースの携帯端末のソフトウェア開発キット(SDK)として提供されるもののようだ。しかし、デザインから機能まで、このまま商品化されてもおかしくないレベルに仕上がっている。

 本体サイズはiPhone 3GSよりやや縦長で、幅や厚みはほとんど変わらない。同社ウェブサイトによれば、ディスプレーは3.8型/864×480ドット。無線通信は無線LANやBluetoothのほか、WCDMAなどにも対応する。GPSや5Mピクセルのカメラ、microSDカードスロットも内蔵するなど、スマートフォンに要求される機能はひととおり備えている。

iPhoneと並べてみた iPhoneと並べてみた。Virtaの方が、縦方向に数ミリ大きいとのこと

 Android端末用SDKとされるVirtaだが、対応OSはAndroidだけでなく、Moblin 2.1にも対応する。会場で披露されていたデモ機では、MoblinとAndroidを搭載する端末がそれぞれ展示されていた。Moblinの後継者であるMeeGoも動作するようだ。

横画面状態 ソフトウェアキーボードを表示した状態
横画面状態。内蔵の加速度センサーで、向きに合わせて画面の向きを変える機能も標準装備ソフトウェアキーボードを表示した状態。OSはAndroid
アナンド・チャンドラシーカー氏
アナンド・チャンドラシーカー氏

 Atom Z600の特徴のひとつが、スマートフォン・タブレット向けCPUとしては動作周波数が高く、内蔵グラフィックス機能も強力な点だ。インテルにて、ウルトラモビリティーグループを担当する上級副社長のアナンド・チャンドラシーカー(Anand Chandrasekher)氏は、説明会の中でMoorestownの利点のひとつに、優れた処理性能を挙げている。

Moorestownの4大特徴 Moorestownの4大特徴。既存のAtomプラットフォームの10倍以上の低消費電力、1080pのHDビデオもコマ落ちしない処理性能、小さなサイズ、拡張性や互換性が挙げられている

 会場にあったVirtaは、スマートフォン向けの1.5GHzのAtom Z600シリーズを搭載していた。ウェブブラウジングやユーザーインターフェースの動作は、かなり快適なものだった。

競合と比較したMoorestownの処理性能 競合の端末と比較したMoorestownの処理性能。スマートフォンで最も重要なウェブダウンロードやJavaScriptの処理性能は大きく他を引き離す

前へ 1 2 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン