このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 次へ

いま旬のビジネスPC ― 第8回

机上を占拠するPCからの開放!

超小型PC「6005 Pro US」を試す

2010年06月01日 09時00分更新

文● 花茂未来/インサイトイメージ

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 業務をする上で、机上の設置スペースを最小限に抑えられる一体型PCは魅力的だ。しかし、一体型PCは本体が古くなって買い替えを迫られた場合、液晶ディスプレーも同時に使えなくなってしまうデメリットもある。

 そこで注目したのが、日本HPが5月27日に発表した超小型PC「HP Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」(以下、6005 Pro US)だ(関連記事)。

「HP Compaq 6005 Pro US/CT Desktop PC」

 6005 Pro USは、AMD製CPUを採用することでコストパフォーマンスを追求した製品だ。通常のBTOでは、CPUとしてSempron 145(2.8GHz)とAthlon II X2 B24(3GHz)、同B26(3.2GHz)を選択できる。

 そのほかに、「モニターマウントキット」が付属するBTOもある。モニターマウントキットとは、HPが独自開発した液晶ディスプレーのスタンドのことだ。

 通常こういったデスクトップPCを設置する場合は、横置きにして、その上に液晶ディスプレーを載せるのが一般的だ。一方6005 Pro USは、このモニターマウントキットにPC本体と液晶ディスプレーを取り付けて、一体型PCのように使える点が特徴だ。

液晶ディスプレーの「足」がモニターマウントキットで、その前後に液晶と本体をつける仕組みになっている

 最小構成価格は、液晶ディスプレーなしで5万2500円からとなる。CPUとしてSempron 145(2.8GHz)、PC3-10600に準拠した1GBのDDR3メモリー、160GBのHDDを搭載した構成だ。

 一方、モニターマウントキットが付属するBTOでの最小構成価格は7万9800円からとなる。最小構成内容は、スペックは上記と同様だが、モニターマウントキットと17型液晶ディスプレーが付属する。

前へ 1 2 3 4 次へ

この連載の記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ