このページの本文へ

日本のKawaiiを世界へ! 第2号の特集は「女子高生」

2010年05月31日 09時00分更新

文● 倉西誠一(@kararemichi

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Tokyo Kawaii Magazine 1.0.3

 作者:アスキー・メディアワークス
 価格:115円



TokyoKawaiiMagazine 002。001号をお持ちの方は、アプリ内から購入できます。

 特集はJKです!

 お待たせいたしました!(誰が? いや、僕が待ってた!) 日本のKawaiiを世界にお届けする電子雑誌アプリ、ついでに申し上げますと弊社、アスキー・メディアワークスがお送りいたします「TokyoKawaiiMagazine」! いよいよ「002」号がリリースされました。

 今回の特集はJKです。まさかJKがわからないという方はいらっしゃらないとは思うのですが、女子高生です。世界中の女の子が憧れる、JKの特集をお届けいたしますので、ちょっとだけ、記事を御紹介させていただきます。

 あ、その前に。今回、「TKM002」は「iPhoneアプリとiPadをおすすめする」AppBankさんと、朝日新聞(夕刊?)さんでも記事にしていただきました。ぜひ、あわせて御確認ください。


 というわけで、JK特集ですが、テーマはJKが使用しているであろう……なんか書き方がヘンだな……小物特集、JK御用達の……どうも表現がヘンだな……スポット特集に、そのへんで撮影した……恥ずかしいのか? 俺……ストリートスナップ。

 そして! アニメに登場するJKと、彼女たちが食べてるお弁当並みにかわいくつまってます……いかん、自分の中にJKを書くスキルがないことを発見!

ストリートスナップです。JKが写ってます、もちろん! うん、いいJKだ……うちの娘と2つ3つしか違わないんだな
JKがスイーツを召し上がる(もう! 本当にどう書いていいかわかんない! AppBankさんの記事を見習わないとだなぁ……)Pure Berryというお店です。そしてJKたちの小物なのですが、300円ショップ? 100円ではなく? そんなのがあるのかぁ……知らなかった

 もちろんほかにもアニメやファッションといったニュースに連載企画も詰まった「TKM002」! 実際に自分で読んでから、もう一回、御紹介させていただくと思います(この記事は事前に仕込まれたものです、当然!)。よろしくお願いいたします。

 それでは最後に、AppBankさんの記事でもご紹介いただきました、編集長/福岡(週刊アスキー総編集長)のコメントをお届けいたします。


 さて、TokyoKawaiiMagazineも2号目、002になるわけですが、今号の特集はずばり「J.K.」です。ニューヨークにある空港じゃありません。女子高生、Joshi-KouseiのJ.K.です。特集タイトルも「Tokyo J.K.」! ひねりないですね。すいません。

 今、世界の女の子たちが最も注目し憧れているのは、実はニッポンの女子高生なんです。パリでも、バルセロナでも、ヘルシンキでも、モスクワでも、サンパウロでも! ニッポンの女子高生になりたくってなりたくって、オーマイゴー!な女子がマジでワンサカいるんです。

 そしてその彼女たちが一番憧れるのが、制服! 制服! 制服! 意味なくリピートしてみましたが、そうなんです、ニッポンのJ.K.たちが着ている制服は、特に海外目線で見たとき、それももう尋常じゃなくカワイイんです。さらに、制服と合わせるコーデ術にも彼女たちの関心は集まります。そして、小物、アクセ、J.K.たちの行きつけの場所、お店。それらがすべて世界の女の子たちの一大関心事になってるんですーーー!!!

 とまあ、ここまで無駄にハイテンションで書いてきましたが、TokyoKawaiiMagazine002では、そんなカワユくて、制服で、ナイスなコーデの女子高生、J.K.たちが、これでもかこれでもかというくらい登場します。この特集でぜひぜひ、わが国の女子高生たちの恐るべきカワイさを再発見しちゃって下さい。編集部のスタッフは、今回の撮影で全員打ちのめされました(笑)。東京のJ.K.、銀河で最強です。

 特集以外のラインアップでは、アニメに「とある科学の超電磁砲」が登場します。そして今号はなんと音声付き!! あの人のあの名セリフが優しくタッチするだけで聴けます! 萌えます!

 ファッションは、ゴシックパンク系ブランドとして絶大な人気を誇る、ALGONQUINS(アルゴンキン)を紹介。スイーツは、乙女度100%のCafe、代官山のchocoholic cafe(チョコホリック・カフェ)の超絶カワイイケーキに迫ります。

 それから、レギュラー連載の「時ドキ荘」英語版、「ふにふに日記」、なんと、キャラ弁の作り方講座まで!

 あーーーーー! そうそう忘れてました! 創刊号で衝撃の真希波コスプレを見せてくれたchamaroさんが再登場!!今号はなんとなんと御坂です! しかも画像かなり多め!!!

 もう絶対お買い得です!!

 002号の価格は、001号を買った方は115円。アプリ内課金で買うことができます。初めて買う方はTokyoKawaiiMagazineのアプリを115円でダウンロードしたのちに、アプリ内で115円買えます。つまり合計230円です。ちなみにアプリをダウンロードすると、もれなく001号がついてます。

 編集長の福岡でしたー。


 そして、最後の最後に、前号「TKM001」リリース時に、福岡に答えてもらったメールインタビュー記事がございますので、こちらもあわせてお読みいただければとか思います。ぶっちゃけ、日本のメジャー出版社が出している電子雑誌アプリでは、けっこういいセンいってると思います。ぜひぜひ、よろしくお願いいたします。


筆者紹介──倉西誠一


石川県金沢市出身の元・電撃PlayStation編集長。著書は「モンスターハンター」シリーズのプレイログである「狩られ道」「狩られ道豪黒毛」(いずれもアスキー・メディアワークス)だが、最近はすっかりiPhoneゲーマー。Twitterアカウントはkararemichi



■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中