このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

長~く使える極上のPCケース2010 ― 第4回

長~く使える極上のPCケース2010【クーラーマスター編】

2010年05月31日 20時00分更新

文● 石井 英男

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 クーラーマスターといえば、古くからCPUクーラーやケースファンなどの冷却系パーツで、自作派に人気のメーカーである。PCケースについても、いち早くメッシュ仕様のフロントパネルを採用するなど、冷却性能を重視していることが特徴だ。同社のケースの中には、最大10基ものファンを搭載可能な製品もある。また、ツールフリーなどの独自ギミックを多数搭載し、拡張性が高いハイエンドモデルでも、価格が比較的安いことも魅力だ。デザイン的にも日本人好みのものが多い。
 今回は、そんなクーラーマスターのケースのなかから、長く使えてコストパフォーマンスの高い、オススメ製品を紹介しよう。

冷却性能を重視し独自ギミックも多数搭載するクーラーマスター製PCのケース

CM690 II Plus

●URL:http://www.coolermaster.co.jp/products/product.php?language=jp&act=detail&tbcate=3428&id=8193
●実売価格:1万4800円前後

拡張性と冷却性能に優れた
ロングセラーケースの後継モデル

 CM690 II Plusは、同社のロングセラーケースCM690の後継として、2010年4月に発売が開始されたばかりの新製品だ。CM690のウリであった冷却性能をさらに強化し、2.5インチ/1.8インチドライブにも対応するなど、2010年モデルらしい進化を遂げている。また、外観も角が丸みを帯びたデザインに変更されている。
 標準で3基のファンを搭載しているが、ファン取り付け用の穴が多数用意されており、最大10基ものファンを搭載可能だ。フロントパネルやトップパネル、底面はメッシュ仕様になっており、エアフローについては万全だ。さらに、水冷ホースを通すための水冷ホールも用意されており、水冷システムを組みたいという人にもオススメだ。

フロントパネルはメッシュ仕様で、効率よく外気を取り込めるようになっているフロントI/Oポートは上面の手前に配置されており、ケースを床置きしたときにアクセスしやすい。用意されているポートは、USB 2.0×2、eSATA×1、マイク入力、ヘッドホン出力。トップパネルの後部もメッシュ仕様だ
トップパネルの手前側は凹んでおり、小物入れとして活用できる。USBメモリや工具、ネジなどを入れておくと便利だろう左サイドパネルには吸気口が開いており、12cmファンまたは14cmファンを2基装着できるようになっている
右サイドパネルにも吸気口が開いており、8cmファンを装着できるようになっている右サイドパネルを外したところ。マザーボードベースのCPUソケット部分の穴を通して、マザーボードの裏側にも外気が当たるようになっている

(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 6 次へ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中