このページの本文へ

WesternDigital「WD6000HLHX」

最速HDD「VelociRaptor」SATA 6Gbps対応モデルが店頭に

2010年05月21日 22時27分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Serial ATA対応HDDでは最速となるWesternDigital「WD VelociRaptor」シリーズの容量600GBモデル「WD6000HLHX」の販売が今日からスタートした。

「WD6000HLHX」
Serial ATA対応HDDでは最速となるWesternDigital「WD VelociRaptor」シリーズがついに店頭に。同モデルもハイエンドユーザーを中心に、人気となる可能性が高い

 この製品は、SATA 6Gbpsインターフェイス対応となる2.5インチサイズのHDD。発売された「WD6000HLHX」は、3.5インチサイズのヒートシンク付きとなる。主なスペックはインターフェイスがSerial ATA(6Gb/s)、回転数が10000rpm、バッファー容量が32MB、平均シークタイムが読み込み3.6ms、書込み4.2ms、Host to/form driveが145MB/sec、ノイズレベルがアイドルモード時30dBA、消費電力が読取り/書込み時6.2W、アイドル時4.3W。
 価格はアークで3万2980円となるほか、T-ZONE.PC DIY SHOP(3万2340円)でも近日入荷予定となっている。昨今のストレージ市場においては、なにかと話題の多いのがSSDだが、まだまだ主役はHDD。同モデルもハイエンドユーザーを中心に、人気となる可能性が高そうだ。

「WD6000HLHX」
Serial ATA対応HDDでは最速となるWesternDigital「WD VelociRaptor」シリーズの容量600GBモデル「WD6000HLHX」

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中