このページの本文へ

HTML5 Packを無償公開

アドビ、Dreamweaverで初のHTML5サポートへ

2010年05月21日 13時00分更新

小橋川誠己/Web Professional編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 アドビがついにHTML5のサポートへ乗り出した。米アドビ システムズは現地時間5月19日、米国で開催中の「Google I/O」で、DreamweaverをHTML5に対応させる機能拡張「HTML5 Pack」を発表した。アドビは以前から「HTML5をサポートする」との方針を示していたが(関連記事)、具体的な対応製品を出すのはこれが初めて。

 HTML5 Packは、HTML/CSSオーサリングツール「Dreamweaver CS5」にHTML5コーディング支援機能を追加するもの。具体的には、HTML5で追加された新要素のコードヒントの表示(コードビュー)、HTML5 video/audioの再生(ライブビュー)、HTML5スターターレイアウトからなる。スターターレイアウトはsection/articleなどの新要素でマークアップされたレイアウトテンプレートで、新規ドキュメント作成時に選択できる。

HTML5 Pack
Dreamweaver CS5にHTML5 Packを追加すると、新規ドキュメント作成時にHTML5のテンプレートが選択できる。テンプレートは2カラム、3カラムレイアウトの2種類
HTML5 Pack
HTML5のテンプレートで作成したサンプルページ。sectionやarticle、navなどの新要素でマークアップされている
HTML5 Pack
ライブビューではHTML5 videoにも対応。写真では分かりにくいが、コードビューで記述したvideo要素のプレビューが右側に表示されている

 HTML5 PackはAdobe Labsから無料でダウンロード可能。

 Google I/Oではこのほか、オープンソースのビデオフォーマットWebMがグーグルから発表された。モジラやオペラといったブラウザーベンダーに加えて、アドビもFlashでWebMをサポートすると表明しており、こう着状態にあったHTML5のビデオコーデック問題が解決へ向けて一気に前進する可能性も出てきた。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

HTMLリファレンス誘導バナー

CSSリファレンスサイト誘導バナー

Webディレクター江口明日香が行く

ランキング