このページの本文へ

Gigabyte「GA-X58A-UD9」

「nForce 200」を2基搭載した“超”高級「X58」マザーが登場

2010年05月19日 22時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Gigabyteからチップセットに「X58」+「ICH10R」を搭載したLGA 1366対応マザーボード「GA-X58A-UD9」が発売となった。PCI Express x16形状のスロットを7本搭載する、ウルトラハイエンドモデルとなる。

「GA-X58A-UD9」
チップセットに「X58」+「ICH10R」を搭載したLGA 1366対応マザーボード「GA-X58A-UD9」がGigabyteから発売。「nForce 200」を2基追加搭載するウルトラハイエンドモデルで価格は約6万円となる

 同製品はチップセットの「X58」+「ICH10R」に加え、PCI Express 2.0ブリッジ「nForce 200」を2基搭載。PCI Express x16形状のスロットを計7本(内訳はx16動作が4本/x8動作が3本)搭載するのが特徴。4-Way SLIやQuad CrossFireXなどといったハイエンド構成が可能だ。

拡張スロット
PCI Express x16形状のスロットを計7本(内訳はx16動作が4本/x8動作が3本)搭載し、4-Way SLIやQuad CrossFireXなどといったハイエンド構成が可能となる
リッジコネクタ
製品付属のブリッジコネクタ類。2/3/4-Way SLI用からCrossFireX用まで全て同梱されている

 その他、主なスペックは、メモリスロットがDDR3 DIMMが6本で対応はDDR3-2200+/1333/1066/800、最大24GBまで搭載可能。オンボードインターフェイスにデュアルギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111D×2)や8chサウンド(Realtek/ALC889)、IEEE1394(T.I./TSB43AB23)、Serial ATA III×2(Marvell/9128)、Serial ATA II×8(ICH10R+GIGABYTE SATA2)、eSATA×2、IDE×1、USB3.0(NEC)×2などを搭載する。
 その他、独自品質規格Ultra Durable3、空冷/水冷両対応の冷却機構「Hybrid Silent-Pipe」、大型のファンレスヒートシンク「Hybrid Silent-Pipe Module Kit」、24フェーズ構成の電源回路などをサポート。なお、フォームファクタはATXよりも一回り大きいXL-ATX(32.5cm×24.4cm)となる。そのため、搭載可能なPCケースが限られる点には注意が必要で、同社製品情報では「Chassis Support List」も公開されている。購入予定のユーザーはチェックが必要だ。価格は以下の通り。一部ショップをのぞき、販売は21日からとなっている。

XL-ATX
SATA3やUSB3.0といった最新インターフェイスもしっかりとサポート。フォームファクタはATXよりも一回り大きいXL-ATX(32.5cm×24.4cm)となる点は注意が必要だ
価格ショップ
「GA-X58A-UD9」
¥59,970フェイス秋葉原本店
¥59,980アーク(21日から)
クレバリー1号店(21日から)
TWOTOP秋葉原本店
T-ZONE.PC DIY SHOP(21日から)

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中