このページの本文へ

2010年夏モデル4シリーズを発表

標準電圧版Core i7が選べる、レッツノート夏モデルが発表

2010年05月11日 15時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 5月11日、パナソニックは、標準で搭載されるメモリを4GBに倍増したインテルCore i7/i5搭載のレッツノート2010年夏モデル4シリーズを発表した。価格はすべてオープンプライス。

 今回の新シリーズでは、CPUの強化(R9)を始め、HDD容量のアップ(F9/S9/N9)やメモリが標準で店頭モデルで2GB+2GBの4GBという最大構成(全シリーズ)になるなどスペック向上が図られた。なお、S9については直販サイトマイレッツ倶楽部限定で、オンボード4GB(最大8GB)モデルも用意される。

 さらに、S9はマイレッツ倶楽部のプレミアムエディションを選択すると、標準電圧版のインテルCore i7-620M(2.66GHz)が搭載できる。

CF-R9

 「CF-R9」は、10.4型スクエア液晶パネル(解像度1024×768ドット)を採用したレッツノートの最小モデル。CPUは2010年春モデルに搭載された超低電圧版Core i7-620UM(1.06GHz)から、超低電圧版Core i7-640UM(1.20GHz)に強化されている。

CF-S9

 「CF-S9」は、12.1型ワイド液晶パネル(解像度1280×800ドット)を採用したDVDスーパーマルチドライブ搭載モデル。2010年春モデルに比べ、HDD容量を250GBから320GBへ増量し、メモリは標準で2GBから4GBへと倍増している。なお、マイレッツ倶楽部モデルでは毎分7200回転のHDD(容量500GB)が選択可能だ。

CF-N9

 「CF-N9」は、S9から光学式ドライブを省略したモデル。S9と同様にHDDが320GB、メモリは標準で4GBとなっている。

CF-F9

 「CF-F9」は、14.1型ワイド液晶パネル(解像度1440×900ドット)を採用したDVDスーパーマルチドライブ搭載モデル。こちらも2010年春モデルに比べ、HDDが250GBから320GBへ増量し、メモリは標準で2GBから4GBへと倍増した。また、従来モデルと同様オフィス内の移動などに便利な取っ手が付いている。

 店頭モデルの主な仕様は下表を参照のこと。

製品名 CF-F9 CF-S9 CF-N9 CF-R9
CPU 標準電圧版Core i5-520M(2.40GHz) 超低電圧版Core i7-640UM(1.20GHz)
OS Windows 7 Professional 32/64ビット
HDD 320GB 250GB
メモリ 4GB(最大4GB)
ディスプレー 14.1型WXGA+ 12.1型WXGA 10.4型XGA
光学式ドライブ ── ──
バッテリー駆動時間 約8.5時間 約13時間 約7時間
重量 約1.62kg 約1.34kg 約1.28kg 約0.94kg
実売価格 20万円前後 20万円前後 19万円前後 18万円前後

 直販サイトマイレッツ倶楽部では、より上位のCPUが選択できるほか、天板の変更、SSDの搭載などにも対応する。詳細は別記事で、後日お伝えする予定だ。また、法人向けには、今回の4モデルに、スクエア液晶パネル搭載のW9、T9、Y9の3モデルを加えた7モデルの展開となる。

 なお、マイレッツ倶楽部では、今回の夏モデル発売を記念して、ほとんどの商品が最大5%オフとなる「レッツノート夏モデル発売記念クーポン」を発行する。マイレッツ倶楽部のサイト上に掲載されたクーポン番号を購入時に登録するとこのクーポン価格で購入が可能だ。利用期間は6月2日までなので、ぜひマイレッツ倶楽部で詳細をチェックしてほしい。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン