このページの本文へ

サーバーと同じエアフローで熱だまりを起こさない

富士通、前面吸気・後面排気採用のスイッチ「SR-Xシリーズ」

2010年04月21日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 4月20日、富士通は前面吸気・後面排気を採用したL2スイッチ「SR-Xシリーズ」を販売開始した。サーバーと同じラックに収容される機器でありながら、従来のスイッチは側面からの排気が多く、熱だまりになっていた。これに対して、SR-Xシリーズではサーバーと同じ前面吸気・背面排気を採用し、効率的な冷却を実現した。

26ポートの10GbEを搭載する「SR-X526R1」

 省エネにも配慮し、省エネ法の基準を満たすとともに、内蔵センサーによる消費電力の監視が可能。SNMPを用いて取得することができる。また、未使用ポートの給電を自動的にオフにする機能を持つ。Webブラウザにより、簡単にVLAN等が設定できるのも特徴。

 製品は1Gbpsポート×16の「SR-X316T1」(8万8000円)、1Gbpsポート×24の「SR-X324T1」(10万8000円)、1Gbpsポート×40、10Gbpsポート×4(SFP+)の「SR-X340TR1」(84万円)、10Gbpsポート×26(SFP+)の「SR-X526R1」(195万円)の4モデルが用意されている。

 ハイエンドモデルのSR-X526R1では富士通研究所のスイッチ用LSIの採用により、世界最高レベルの伝送遅延400ナノ秒を実現。また、同等のスイッチの省エネ法基準に比べて消費電力を約70%削減するという。AC電源のほか、DC電源搭載モデルも用意される。

 5月13日、14日に東京国際フォーラムで行なわれる「富士通フォーラム2010」でも出展される。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ