このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

NECが一足早い2010年夏モデル新製品パソコンを発表

2010年04月19日 11時00分更新

文● 小西利明/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NECは19日、ノートパソコン「LaVie」、デスクトップパソコン「VALUESTAR」シリーズの新製品を一斉に発表した。シンプルな大型ノートの新シリーズ「LaVie S」が登場したほか、CULVノートに外付けテレビチューナーをセットにした異色のモデルなどがラインナップされている。店頭販売モデルの価格は、全機種オープンプライス。


ややスリムなシンプル大型ノート
LaVie Sシリーズ

LaVie S「LS550/AS6L」
LaVie S「LS550/AS6L」。本体カラーは「エアリーブルー」

 新登場の大型ノート「LaVie S」シリーズは、シンプルさを重視した大型ノートパソコンである。15.6型ワイドサイズの液晶ディスプレーを搭載し、従来機種でLaVie Lシリーズの「LL550/350/150」が担っていた分野をカバーする製品となる。

 CPUにCore i5/3などを搭載して十分なパフォーマンスを備えながら、LaVie Lよりやや5mmほど薄く、奥行きも2cmほど縮小されたコンパクトなボディーを実現したのが大きな特徴である。本体サイズは共通で、幅374×奥行き248×高さ35mm。キーボードは大型ノートではもはや標準といえるテンキー付きとなっている。重さも約2.4kgと、大型ノートとしては軽めだ。

 本体色は定番の白(スノーホワイト)、黒(エスプレッソブラック)、赤(ラズベリーレッド)に加えて、明るい水色の「エアリーブルー」の4色が用意される。おおまかなラインナップ構成は以下のとおり。CPU別に「LS550」「LS350」「LS150」といった分類になっている。

LaVie Sシリーズの本体カラーバリエーション LaVie Sシリーズの本体カラーバリエーション。左上から「エアリーブルー」(AS6L)「ラズベリーレッド」(AS6R、右上)、「エスプレッソブラック」(AS6B、左下)、「スノーホワイト」(AS6W、右下)
製品名 液晶サイズ CPU メモリー HDD
LS550/AS6 15.6型 1366×768 Core i5-430M 2.26GHz 4GB 500GB
LS350/AS6 Core i3-350M 2.26GHz 2GB
LS150/AS6 Celeron P4500 1.86GHz 320GB

 ハードウェア構成は比較的シンプルで、グラフィックス機能はCPU内蔵のGPUを使用、光学ドライブもDVDスーパーマルチドライブのみとなっている。テレビ機能も持たない。

 全機種がOSを32bit版と64bit版から選べる「64/32ビット セレクトOS」を採用。プレインストールされているのはWindows 7 Home Premium 64bit版OSだが、再セットアップにより同32bit版に切り替え可能である。また、全機種にOffice Personal 2007がプレインストールされている。

 予想実売価格は、LS550が約15万円前後、LS350が約13万5000円前後、LS150が約11万5000円前後と想定されている。発売時期は4月下旬の予定。


液晶ディスプレーを強化 LaVie Lシリーズ

LaVie L「LL870/AS」 外付けテレビチューナーを同梱するLaVie L「LL870/AS」

 大型ノートの「LaVie L」シリーズは、やや低価格でシンプルなLaVie Sシリーズの登場により、AV用途を重視した製品群に位置付けられた。発表された新製品は基本的に、2010年春モデルのマイナーチェンジとなっている。CPUや機能別に「LL870」「LL750」「LL700」の3シリーズがラインナップされている。

製品名 液晶サイズ CPU メモリー HDD BD/DVD TV
LL870/AS 16型 フルHD Core i5-430M 2.26GHz 4GB 640GB BD 外付け
LL750/AS6 16型 1366×768 500GB
LL700/AS6 15.6型 1366×768 Core i3-350M 2.26GHz
LaVie L「LL750」「LL700」のカラーバリエーション LaVie L「LL750」「LL700」のカラーバリエーション。LL870は黒のみ

 最上位のLL870/ASは、外付けタイプの無線テレビチューナーユニット「ワイヤレスTVデジタル」が付属する。無線LANアクセスポイント機能を持つ外付けユニットに、地上/BS/110度CSデジタル放送の3波対応デジタル放送チューナーを内蔵。ワイヤレスでのデジタル放送の視聴と録画、録画番組のBD/DVDへの書き出しなどが可能である。

 中級機に位置するLL750/AS6は、液晶ディスプレーに高輝度で色鮮やかさを特徴とする「スーパーシャインビューEX2液晶」を採用。映像の表現力を向上している。CPUはLL870とLL750がCore i5-430M(2.26GHz)を、LL700がCore i3-350M(2.26GHz)を搭載。いずれもグラフィックス機能はCPU内蔵機能を使用する。

 そのほかに、LL870とLL750はUSB 3.0対応コントローラーを内蔵。USB 3.0対応端子も2ポート備えている。また全機種が記録型BDドライブを内蔵する。OSはLaVie Sと同様のセレクタブル方式で、標準ではWindows 7 Home Premium 64bit版を搭載。再セットアップにより32bit版に切り替えられる。また、全機種にOffice Personal 2007がプレインストールされる。

 予想実売価格は、LL870が約21万円前後、LL750が約17万円前後、LL700が約16万円前後と想定されている。発売時期はLL750/700が4月下旬、LL870が5月下旬の予定。

前へ 1 2 3 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン