このページの本文へ

前へ 1 2 3 4 5 次へ

行っとけ! Ubuntu道場! ― 第17回

~師範! クラウドがバズワードってホント!?~

2010年04月08日 16時00分更新

文● hito(Ubuntu Japanese Team) イラスト●瀬尾浩史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
清く正しい(?)チームリーダー 小林準
日本語入力とラノベは俺に任せろ あわしろいくや
サーバーと交渉ごとに暗躍する hito
Ubuntuもいいけど、でびあんもね! やまねひでき
GUIなんて飾りと言い切るEmacsist ミズノ(水野源)
マンガ『うぶんちゅ!』作者&挿絵担当 瀬尾浩史
期待の新人、pores_nこと村田信人。ASCII.jpでは過去にUbuntu対Moblin記事を書いてくれてたりする

――某月某日。
Ubuntu Japanese Teamのメンバー(+α)を集めた電子会議にて。


小林:では今回も収録を始めましょうか。

編集S:今回のテーマは「『クラウド』って単語そのものが雲をつかむような話なので、Ubuntuと関係ある範囲で編集Sに分かるように説明しろ」です。

瀬尾浩史:担当編集が投げっぱなしペン……。

あわしろいくや:あれ、前回バックアップがどうとか言ってませんでした?

hito:バックアップ方法は諸般の事情により、Lucidリリース前後まで吹き飛ばしました。

ミズノ:なんで?

編集S:Lucidリリースされる → Ubuntuに手をだしてみようと思う人が出る → バックアップ方法が分からない人が出てくる……

hito:そのタイミングでバックアップ特集やるとページビュー稼げる。

やまね:まさに風が吹いたら桶屋が儲かる理論……。

編集S:おほほ。

小林:それで今回のテーマが、最近大人気なクラウドなんですか?(ピュアな質問)

村田:ピュアなだけに胸に刺さる質問ですね。

あわしろいくや:最近いろんなところで大人気ですからな、クラウド。

編集S:でもUbuntuだって、9.10以降、「クラウド対応」とか色々うたってるじゃないですか。実際にどんなものなのか説明してもらおうかなーと思って。

hito:クラウドコンピューティング、知ってれば利用は簡単なんですが、知らないと何がなんだか分かりませんからねー。……で、単独で説明しようとすると疲れるので、DTMの回に続いてゲストさんを召喚してみました。

瀬尾浩史:黒幕も投げっぱなしペン……。

hito:ということで、ゲストさん、どぞ。

前佛:え~、Japan Eucalyptus Users Groupの前佛(ぜんぶつ)です。去年の5月にユーザ会を立ち上げ、Eucalyptusのドキュメント作成・検証・普及活動を行なっています。

やまね:まじめだ……。

前佛:えーと……。

瀬尾浩史:ゲストさんがいきなり悩み始めたペン。

前佛:Japan Eucalyptus Users Groupの前佛です(キリッ 去年の5月にユーザ会を立ち上げ、Eucalyptusのドキュメント作成・検証・普及活動をマターリ行なってます(´∀`)

やまね:いきなりカオスに馴染んだ……。

瀬尾浩史:希有な人材ペン。

村田:去年の8月にはお世話になりました……。

前佛:いえいえ、いきなり乱入して失礼しました。

小林:前佛さんには、昨年の8月の、オープンソースカンファレンス名古屋のプレゼンでご協力頂きました。

ミズノ:時間見積もりを誤って、プレゼン時間の半分でネタが終了してしまった味噌。

hito:そこにEucaな感じの中の人が救いの手を。

村田:……トラウマ~。つ、次こそは時間をちゃんと見積もりますっ。

前佛:すんません、突然乱入しますた(´∀`)

瀬尾浩史:まずいペン。このひと素でオモシロいペン。カオスの予感ペン。

hito:カオスはいつものことなので……ってああああ、またまとめるのが大変になるぅぅ。

瀬尾浩史:まあ、本編行ってみるペン……。


(次ページへ続く)

前へ 1 2 3 4 5 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン