このページの本文へ

ASRock「890GX Extreme3」

6コア「Phenom II X6」対応も謳う「AMD 890GX」マザー登場

2010年03月31日 23時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDの6コア採用CPU「Phenom II X6」への対応も謳った「AMD 890GX」+「SB850」搭載のSocket AM3対応マザーボード「890GX Extreme3」がASRockから発売となった。

6コア AMDの6コア採用CPU「Phenom II X6」への対応も謳った「AMD 890GX」+「SB850」搭載のSocket AM3対応マザーボード「890GX Extreme3」がASRockから発売

 ご覧のようにパッケージには“Six-Core CPU Ready”の文字。同じくマニュアルの対応CPUの欄には“Six-Core CPU”と記載されている「890GX Extreme3」。チップセットはすでに数社から発売されている「AMD 890GX」+「SB850」を採用したATXフォームファクタの製品だ。

「890GX Extreme3」
CPUのコアを解除する機能「ASRock UCC」を搭載。その他SATA3.0やUSB3.0など最新機能を満載したスペックとなっている

 主なスペックは拡張スロットがPCI Express(2.0)x16×2(x0+x16、x8+x8)、PCI Express x4×1(ホワイト/x16形状)、PCI Express x1×1、PCI×3、DDR3 DIMM×4(DDR3-1800(OC)/1600(OC)/1333/1066/800、16GBまで)という構成。
 オンボードインターフェイスには、VGA機能(DDR3 128MBのLFB)や8chサウンド、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8111E)、IEEE1394、Serial ATA III×6(RAID 0/1/5/10)、eSATA×2(SATA3.0+SATA2.0)、USB3.0、IDE×1などを搭載。I/O部にはVGAとDVI、HDMI出力を備えている。また、ASUSTeK製「M4A89GTD PRO/USB3」と同じく、CPUのコアを解除する機能「ASRock UCC」を備えるのもポイント。価格はツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で1万8980円となっている。

I/O部
CrossFireXをサポートする拡張スロット。I/O部にはVGAとDVI、HDMIの各出力を備え「Radeon HD 4290」相当のVGA機能が利用可能だ

【取材協力】

※お詫びと訂正:記事初出時、PCI Expressのスロット数表記に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中